昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

何をそんなんいろいろ作る必要があるの?

土井 侵されてます、前世代的な考え方に(笑)。だいたい、毎日バリエーション豊かな献立って、何をそんなんいろいろ作る必要があるの? レシピにおろせと書いてあった? そんなん誰か知らん人が考えたことに従う必要があるの? 酢水に浸す? 家で自分が食べるだけのものやのに?

岡村 あらら(笑)。

土井 でも言ったら、そういう考えを引きずってる人はまだまだ多い。そういうことが料理のハードルを高くしてしまうし、面倒やということになっていく。この「面倒」という言葉は、非常に問題がある言葉。生きていくのが面倒だと言ってんのと同じだから。

岡村 料理は生きると同義だと。

 

土井さんの提案「一汁一菜」

土井 そうです。だから、「面倒くさい」という言葉を封印しなくちゃダメやと思う。生きる覚悟を持つために。そもそも、コロナで時間がいっぱいできて「暇だから料理をする」という考え方が間違ってるんです。暇でなくても「せなあかんこと」。男も女も人間いうのは理屈抜きでそれを知っているんです。

 それがいまは、代替えのものがいくらでもあるから、「料理は自分でしなくていいこと」と、まあ言うたら逃げ場を作ってるわけやから、「本当はしなくてもいいのにコロナだからやっている」となり、「面倒や」となる。なのに「健康でいたい」と言うわけ。

 生きるためのことを大切にしないところに矛盾があるし、そこにいちばんの苦しみがある。

岡村 確かに。矛盾だらけかもしれません。だからこそ、土井さんの提案「一汁一菜」がその解決方法としてあるわけですね。

土井 日々の食卓でいろいろ作らんでいいんです。「ご飯、味噌汁、漬物」の「一汁一菜」があればそれで十分やから、そこで食というものを一旦フラットにして捉え直しましょうよと。そういう考え方であり哲学なんです。

岡村 後学のためにお聞きしますが、うどは酢水につけなくても?