昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「どこにしまったのか分からない」…“片づけられない人”が今すぐ部屋からなくすべきモノ

『 ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』より #2

2021/07/13

 部屋は散らかり放題、探しているモノは見つからない――。発達障害を持つ人も持たない人も、頭を悩ます「片づけ」。

『 ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』(翔泳社)より、発達障害の当事者が教える、片づけられるようになる「ちょっとしたコツ」を抜粋します。(全2回の1回目/前編を読む)

解決法2―一緒に使うもの同士でまとめる

 発達障害の人は、準備しているときに物を探してあちこち動き回ることで、作業が終わるまでにさらに時間がかかる。これは、ADHDの人は、移動中に他のことに気を取られる、ASDの人は、準備することが目的化して、「あれも、これも……」とありとあらゆるものを用意しようと不安になる、ということが関係している。

©️iStock.com

 そのため、あらかじめ 「一緒に使うもの同士でまとめる」 ことが大切だ。たとえば、パスポートや預金通帳、年金手帳といった大事なものは、まとめて同じ場所に保管している人は多いだろう。

 それで管理できる人なら、それは「大事なもの」というくくりでカテゴライズされているので問題ない。しかし、このやり方で紛失する場合は、その人にとって「大事なもの同士」と考えてペアにした組み合わせが不適切だったといえるだろう。

 海外旅行へ出かけるときは必ずパスポートを使う。そう考えると、人によっては海外旅行のときに必ず使うかばんの中にパスポートを入れておくのが一番適切な収納場所になる。実際、この事例でも、前回はかばんの中から出てきたので、むしろ「海外旅行セット」として一緒にまとめておけば、すぐに探し出せた可能性が高い。

 ノートや手帳と一緒に持ち歩けるペンケースやペンホルダーが最近よく文具店に置いてあるのも、「筆記具と手帳やノートは一緒に使うから」という同様の発想だからだし、種類が増えているのはおそらくニーズがあるからだろう。

 使うもの同士という発想がピンとこないときには、具体的な状況を想像してみるとよいだろう。筆者は、親戚の看取りを手伝った折、夫に「もしものときはこの引き出しのものを持ってきて!」と依頼できるよう葬儀用に引き出しを作り、

・フォーマルバッグ

・袱紗(袱紗)

・数珠(じゅず)

・白いハンカチ

・装飾品(黒い腕時計や財布、扇子やストール、傘、髪留め、真珠のネックレス)

・香典袋と現金書留封筒(葬儀に参加できないときに香典袋を送る)

 をまとめた。

 必要に迫られて作ったものだったが、急な不幸という突然の状況では忘れ物をしがちなので、「とりあえずこの引き出しを開ければいい」というパターンを作っておくことでかなり負担が軽減した。家族と暮らす際にも何かを持ってきてもらう、物を貸し借りするというときに「ここから持ってきて」と言えば事足りるため、まずは自分がよく使うものから少しずつ導入するといいだろう。

収納は一緒に使うもの同士で

 

お酒とつまみ

 

袱紗や数珠などの葬儀用品

 

ハサミと紐

 

スーツケースとパスポート

 

懐中電灯と電池