昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本人が知らない、“夏の必需品”サングラスの新常識とは

専門家に聞く「サングラスとの付き合い方」 #1

2021/07/16

 目に入ることで、さまざまな影響を及ぼす恐れがある紫外線。さらに強い日差しによる眩しさも同時に防止するには、サングラスが有効だ。ここでは、サングラス選びの基本について、オグラ眼鏡店渋谷本店のフレームアドバイザーである田中千恵さんに話を訊いた。

オグラ眼鏡店渋谷本店のフレームアドバイザー・田中千恵さん

まずは掛けるシーンや目的を明確に

——日頃眩しさを感じていながらも、サングラスを掛けることには気後れしてしまう人も少なくないかと思います。最初の1本を選ぶなら、どんなことに気を付けたら良いでしょうか。

田中 サングラスというとレンズが真っ黒で、フレームも大きい、フチが太いといったイメージを持っている方も多いかと思います。たしかに、そうしたデザインは日常的に掛けるには少々威圧感が出てしまいがちです。ですが、現在はデザインの幅も広く、掛け心地や見た目ともに掛けやすいものも多く出ています。

 数あるなかから自分に合うものを選ぶためには、まず自分がサングラスを使う目的やシーンを整理することが大切です。

——“自分はなぜ、どんなときにサングラスを必要としているのか”を明確にしておくと、お店でも相談がしやすいということですね。

田中 はい。日々の外出に使うのか、海や山で使うのか、スポーツで使うのかなど、シチュエーションによって必要な大きさや形状、レンズのカラー濃度などが変わってきます。

 日常的に使用するのであれば、フレームはメガネの延長線上で使えるようなデザインやサイズが掛けやすいでしょう。レンズは、目が透ける程度に色づいたカラーをおすすめしています。淡い色のものでも日常生活程度の眩しさであれば和らげることができますし、普段の着こなしにも馴染んでくれます。色が濃いレンズの方が紫外線をカットできると思われる方もいらっしゃいますが、紫外線カット機能のあるレンズならば、レンズのカラー濃度に関わらず紫外線対策が可能です。

——薄いカラーだと威圧感がなく、屋内に入ったときも掛けていられるので、掛け外しの面倒がないですね。普段からつねに眩しさを感じている方にも良さそうです。

田中 ただし、海や山でのアウトドアレジャーなど、長時間屋外にいるときには眩しさや紫外線からしっかり目を守ることを優先したいところです。カラー濃度の濃いレンズ、なおかつフレームは顔との隙間から紫外線が入り込まないよう、顔に沿ったカーブのついたもののほうが快適に使えるでしょう。

 

品質表示タグを必ずチェックすべし

田中 加えて、サングラスを選ぶ際に必ず確認したいのが、レンズの紫外線カット率です。紫外線は目に見えない波長の光なので、カット率はレンズカラーの濃度に比例するものではありません。そのため見た目ではわからないのですが、サングラスに付けられた品質表示タグに「紫外線透過率」が書かれています。紫外線透過率が1.0%以下とあれば、99%以上紫外線をカットしていることになります。「UV400」と表示されている場合もありますね。