昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「取引先の業績を改ざん」中日信金がコロナ“ゼロゼロ融資”不正で東海財務局が立入検査

“ちゅうしん”の略称で親しまれ、名古屋を地盤として愛知県内に21店舗を構える中日信用金庫。融資残高は1792億円、従業員数は約240名(2022年3月末)の東海地方の中堅信金だ。そんな同金庫に、コロナ禍で業績が悪化した事業者向けの“ゼロゼロ融資”に関連し、今年3月から東海財務局が立入検査を行っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

中日信用金庫

 ゼロゼロ融資とは、実質無利子・無担保で行われる制度融資。コロナ化で業績が悪化した事業者を対象とし、民間金融機関では2020年5月から昨年3月まで行われていた。条件を満たせば、(日本政策金融公庫の場合)零細企業や個人事業主であれば最大6000万円、中小企業であれば最大3億円を借りることができる。また、融資を行った金融機関に対しては、県や市町村などの自治体から1.4~1.5%の利子が補給される。

 同金庫の職員が明かす。

「ゼロゼロ融資は貸せば貸すほど利子が入ってくる制度なので丸儲け。中日信金は、営業成績を伸ばすチャンスと、コンプライアンス無視で融資をしまくったのです」

 しかし、その過程で不正が発覚。今年3月8日午前8時、管轄する東海財務局の検査官十数名による立ち入り検査が行われた。

 どのような不正が行われていたのか。

z