昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“身内”からも猛反発…WBC・栗山英樹監督のメンバー選考、何が問題だったのか

 来年3月に行われるWBC1次リーグの組み合わせが7月8日に発表された。日本は韓国、中国などと同じB組。日本代表・侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は、「世界一しか目指さない」と、強い決意を語った。

 日ハムの監督を退任後、昨年11月30日に代表監督に就任した栗山氏。プロ野球公式戦の視察に精力的に回りながら、各球団の監督や首脳陣に協力を仰ぐなど、代表監督としての活動を行ってきた。しかし――。

「指揮官としての手腕を不安視する声が絶えません」

栗山英樹氏 ©共同通信社

 こう語るのは、スポーツ紙デスクだ。最大の問題は、コーチ人事や選手選考の“経験不足”だという。栗山氏は日ハムで監督を10年も務めたベテランだが、

「日ハムでは組閣や選手獲得はフロント主導で行われます。吉村浩GM(現・統括本部長)が全権を握っており、基本的に監督はそれに従うしかない」(同前)

 代表監督就任時、栗山氏は周囲にこう漏らしていた。

「オレ、コーチ人事を決めたことがないんだよね。いつも球団が連れてきてくれていたから」

 慌てたのがNPBだ。日本ラウンド主催の読売新聞に人事で協力を仰ぐことに。打撃コーチに元巨人・吉村禎章氏が入っているのは、その影響だという。

z