昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

夫に「人間が小さい」……キツい言葉の数々

 小倉は高校在学中の01年にグラビアデビュー。童顔に似合わない積極的な水着グラビアを展開。また「こりん星」から来たお姫様を自称し、「笑っていいとも!」(フジ)などバラエティー番組でも人気者になった。

 しかし、20代後半にはそのキャラに徹するのも厳しくなった。

「悪魔キャラを貫徹するデーモン閣下が『設定が甘い』と小倉を叱ったという“伝説”もありますが、後にバラエティー番組で『こりん星』キャラが辛くなっていたことを告白。しかし12年に前夫との間に第1子を儲けてからママタレへイメチェン。ブログで子育ての様子を発信し、料理本も出版するなど、堅実な主婦像を打ち出した。結果、新たに女性層の支持を集めたという“キャラ変”の大成功例です」(テレビ制作関係者)

小倉優子 ©共同通信社

 子供のために復縁を求めているという小倉だが……。

「小倉はああ見えて気が強い。A氏を『人間が小さい』と罵ったことが別居の引き金と文春が報じたが、A氏の匂わす“詳細”には、これにとどまらないキツい言葉の数々があるという。暴露合戦は大きなイメージダウンだし、粛々と離婚に向かうしかないのでは。試練を乗り越え、次は頼もしき『お姉様』キャラで再登場かも」(前出・芸能デスク)

 ユーコー的な別れこそが、新生ゆうこりんへの近道。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー