昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

妊娠中のA子に坂本選手は「中出しし放題だもん」

「A子は産みたがっていたし、このまま坂本選手がお腹の子と自分を捨てるんじゃないかと不安な気持ちもあった。そんな気持ちも相まって、A子は坂本選手と肉体関係を結んでしまったと話していました。その行為中、坂本選手は『中出しし放題だもん』『薬すら飲まなくていいんちゃう』と冗談めかして言ってきた、と。

 A子が一番ショックを受けたのは『望んでもないのにできた子なんて可愛いと思えるか』と笑いながら言われたことだそうです。A子は『父親にそんなこと思われるなんて、子どもにとっては辛すぎるよね』『彼にそこまで言われて産めるほど強くないよ』と、憔悴しきっていました。

 数日後、『中絶することになりそう』『勇人くんと弁護士と、話し合うことになった』と報告がありました」

©getty

 しかしこの後、A子さんとはしばらく連絡がとれなくなったという。その数カ月後のことだった。

「A子が自殺未遂を起こしたんです。A子の親族から連絡があって知りました。ご両親は坂本選手に怒る余裕もなく、憔悴しきっていました。それで久しぶりにA子と話しました。『あのあと鬱病になっちゃって』と小さな声で明かしてくれました。その時、A子のお腹は膨らんでいませんでした。中絶したの? と聞くと、『ごめん、何も言えないんだ』と。

 その後、A子とは連絡がほとんどとれずにいます。事情をよく知る私と話すのが辛いのかもしれません……。A子には少しでも前を向いて歩んでほしい。そう願っています」

©getty

 A子さんに携帯電話をかけてみると。しばらくコール音が鳴った後に、「はい」と女性が出た。

z