文春オンライン

記者「不倫相手に結婚の約束も?」 櫻井「そのようなやりとりは、はい

――まずはこれだけ確認したいのですが、A子さんとはお付き合いされていた?

「そうですね」

――10年にわたって交際していたとうかがいましたが、A子さんは櫻井さんが既婚者だとご存じなかったということで間違いありませんか?

「そうですね」

――A子さんと結婚も見据えて交際されていたと。

「そのようなやりとりは、はい」

撮影/細田忠  ©文藝春秋

――先日の結婚報道でA子さんが結婚の事実を知り、それが原因で番組を降りてしまったのでしょうか。

「そうですね」

――A子さんのことは奥様にはもう伝えているのでしょうか?

「もう、しております。継続して話をしているという形」

――A子さんは結婚を知って緊急搬送されたんですよね?

「その辺もちょっと、はい。私の方でこれ以上ちょっと……。とりあえずご連絡差し上げます。(説明する)時間を私にいただければと思います」

撮影/細田忠  ©文藝春秋

――ぜひお願いします。急にお声かけしてしまい、失礼いたしました。

「あぁ、いえいえ」

“事実確認”で編集部に赴いた事務所社長

 このやりとりの後、当日深夜に所属事務所インテンションの代表がひとりで編集部を訪れた。櫻井は直撃取材で「再度説明したい」と話していたが、代表は「櫻井も自分の口で説明したいと言っていたのですが、こちらの都合で今回はとめました」と説明した。

――では、改めて事実確認の方を始めさせていただきます。櫻井さんが結婚している状況で、A子さんと交際していたのは事実ですか。

「事実は事実です。結婚してるっていう報道が出たときに、清算するってところで、その日のうちに話をしたと。今はもう清算されている状態ではあります」

仲良さそうに新宿を歩く2人 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

――櫻井さんはA子さんと約10年ほど交際されていたと。

「そうだと思います。ただ櫻井が結婚していたことも事務所は本当に知らなくて。(結婚報道についての説明の時に)『結婚してるけど、付き合っている人がいました』という話ですね。聞いているのは」