部位別最先端治療ガイド 肺がん「トレンドは小さく切る」

「いま知っておくべき最新保存版」世界最高のがん治療

坪井 正博 国立がん研究センター東病院呼吸器外科科長
ライフ 医療
坪井正博氏

 日本国内のがん死亡者数でもっとも多い「肺がん」。2020年の肺がんによる死者数は、男性が約5万3000人で1位。女性も約2万2000人と、大腸がんに次ぐ2位となっています。

「肺がん」と一言でいっても、そのタイプは十人十色。患者さん一人ひとりが、自分に合った治療を選択することが大切です。

 特に近年は肺がん治療において、外科領域と内科領域で大きな変化が生まれ、選択肢が広がっています。従来なら諦めざるを得なかった進行がんでも、長期の生存を目指せる時代になりました。その最前線を紹介したいと思います。

 まずは早期がんについて。最近はCT検査が普及したこともあり、小さながんでも見つけられるようになりました。CTによる肺がん発見率は、エックス線より10倍以上も高く、発見される肺がんはほぼ早期がんとなっています。ですから、特に異常のない人でも、40〜50歳未満は5年に一度、50歳以上なら少なくとも3年に一度、そして50歳以上で重度喫煙者なら年に一度のCTによる検診をお勧めします。

 腫瘍が小さい状態ならば、多くの場合手術が可能で、根治の確率も高くなります。早期がんの手術のトレンドは、「縮小手術」。これは、なるべく正常組織を残して、切除する範囲を小さくする手術のことです。

 左右の肺を詳しく見ていくと、右の肺は上葉・中葉・下葉の3つ、左の肺は上葉・下葉の2つに分かれています。

 肺がん手術で標準治療とされているのは、この肺葉単位で切除する「肺葉切除術」です。つまり右の肺の上葉に腫瘍があれば、上葉だけを切除することになります。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : ライフ 医療