向田邦子 豚しゃぶの味

101人の輝ける日本人

梶 芽衣子 女優
ライフ 芸能

昭和を代表する脚本家、名エッセイスト、直木賞作家の向田邦子(1929〜1981)。国民的人気ドラマ『寺内貫太郎一家』で長女・静江を演じた梶芽衣子氏は当初、出演を断っていた――。

向田邦子 ©文藝春秋

 あの頃は映画『女囚さそり』シリーズがブームになった直後でしたから、ダークな役のイメージが定着していた私にホームドラマは馴染まないだろうなと。そんな折、向田先生から青山のご自宅マンションにお招きいただいたんです。

梶芽衣子 ©文藝春秋

 先生が「誰でも出来んのよ」と言って振舞ってくれた夕食が、豚しゃぶ(鍋)でした。昆布と鰹で出汁をとり、そこにニンニクひとかけらを半分に割って芽を取ったものを入れ、煮立ってきたら日本酒をコップ一杯入れる。お野菜はきのこ類をたくさん入れるのがおすすめです。

 先生は「牛肉ばかり食べたらだめよ。身体にもいいんだから豚にしなさい」と言う。食べてみたら本当にその通り。塩分控えめのポン酢に万能ネギをたっぷり入れて食べる豚しゃぶは絶品。〆のラーメンでスープを全部飲み干しちゃいました。簡単、高価な牛肉と比べたら豚肉は経済的、そして無駄がない。もう最高!

向田邦子 ©文藝春秋

 ドラマ出演について「どうしても出て欲しい」というような押し付けがましさがなく、「まぁやってみるのがいいんじゃない」と自然な感じ。豚しゃぶですっかり気持ちがほぐれ、先生の飾らない人柄に惹かれ、出演をお受けしようと思いましたね。

 ドラマがはじまってしばらくして青山のスーパーマーケットで先生と遭遇すると、「あなたが出てくださって嬉しい。しーちゃん(静江の愛称)、とっても良いと思うわ」と声をかけてくださいました。

梶芽衣子 ©文藝春秋

 静江は幼い頃、お父さんの不注意で足に障害を負う。あまり露骨に足を引きずると、周りに気を遣わせてしまうし、何よりお父さんを傷つけてしまう。静江の役柄と向き合い、足の引きずり方を自分なりに研究しました。「先生、足の感じはどうですか?」と聞いてみると、「あれが良いと思ってんのよ!」って。最高の誉め言葉にホッとしました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : ライフ 芸能