文藝春秋 電子版

全盲夫婦が“見る”幸せ

秋山 千佳 ジャーナリスト
ニュース 社会 ライフスタイル

不便だけど不幸じゃない。2人が生きる豊かな日常

谷口さん一家(筆者撮影)

 大阪市内のにぎやかな駅前から、信号を3つ渡った先のファミリー向けマンションに、ある若い夫婦の自宅がある。

「ルイボスティーです。もし苦手だったら残してくださいね」

 2022年の暑い季節の昼下がり。夫が出してくれた冷たいお茶で喉を潤しながら、室内を見回した。

 リビングは整頓されているが、旅先で撮った2人の写真や、クマやクジラなど色とりどりのぬいぐるみが温もりを添えている。キッチンのIHコンロには磨かれたやかんが、棚には使い込まれた調理用具がきれいに収まっている。

 冷蔵庫の扉に白紙のメモが貼られていなければ、若い夫婦2人暮らしのお手本のような家という印象で終わるところだ。が、白紙にはよく見ると凹凸がある。

「点字なんです」と妻が言う。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の
全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長からの会員限定ニュースレターが読める
  • 過去10年3000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年2月号

genre : ニュース 社会 ライフスタイル