昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

災害のニュースで見かける「避難指示」より上の「緊急安全確保」…池上さん、出されたら避難以上の何をすればいいんですか?

池上さんに聞いてみた。

2021/07/27

genre : ニュース, 社会

Q  豪雨災害報道の見慣れない言葉「緊急安全確保」…これはどうすればいいの? 

 熱海や西日本の各地で豪雨災害が起こり、近年はこの季節になるとニュースを見る度に思わず身構えてしまうのですが、今年ニュースを見ていると「避難指示」よりも上の段階に「緊急安全確保」という見慣れない文言を目にするようになりました。

 もし自分の住んでいるエリアで発令されたら……と考えると、「避難指示」の時点で逃げていると思うのですが、この「緊急安全確保」とはどういうものなのでしょうか。(60代・女性・自営業)

今年は熱海で土石流災害が起こっている ©️文藝春秋

A 避難が無理な状況に陥ったら…という意味です。要は…

「緊急安全確保」は「避難指示」のさらに上の警戒レベル

 いい所に目をつけましたね。過去の災害では、「避難指示」が出て、慌てて自宅から飛び出して濁流に流されたり、避難所に行く途中で難に遭ったりする人が出たことがありました。とりわけ深夜に「避難指示」が出ると、外は真っ暗で避難が危険という場合もあります。

 そこで避難が無理な状況に陥ったら、無理に自宅を出ることなく、自宅の2階や3階、あるいは屋根の上など相対的に安全な場所に移動してください、という意味なのです。要は「自分の身の安全は自分で考えて」という最終通告なのです。

2018年には京都で観光名所である鴨川周辺も大雨災害が起こった ©️iStock.com

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー