昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

一流ボディーガード、殺し屋、女詐欺師が立ち向かう“欧州の危機” 「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

一流ボディガードのマイケル(ライアン・レイノルズ)は、ライセンスを剥奪され、憔悴しきっていた。イタリアの海辺で休暇を過ごしていると、かつてコンビを組んだ殺し屋ダリウス(サミュエル・L・ジャクソン)の妻で詐欺師のソニア(サルマ・ハエック)に拉致され、マフィアに捕まったダリウスを救出させられる。3人は、ギリシャの大富豪アリストテレス(アントニオ・バンデラス)が企てるEU諸国へのサイバーテロを阻止するために、インターポールに協力することになる。敵方のボディガードや殺し屋に追い詰められたマイケルは、伝説的なボディガードの父を頼る。

〈解説〉

ボディガードと殺し屋と女詐欺師が欧州の危機を救うために奮闘するアクションコメディ。シリーズ前作『ヒットマンズ・ボディガード』のパトリック・ヒューズが監督を務める。116分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆豪華キャスティングで、この話? 笑いがはじけず、ジレったい。アメリカではヒットしたというが。終盤やや持ち直す。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆乱暴で時代遅れで大雑把だが、憎めない馬鹿映画。S・ハエックとS・L・ジャクソンの悪口雑言が呑気な脱力感の源泉だ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆義理と人情に厚い殺し屋とボディガード。前作に劣らず命がいくつあっても足りない展開に、ソニアの色気と怒りも炸裂。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆続編らしい軽み。平均年齢が高めのスターキャスト陣がB級精神に則りふざけてくれる。地中海周りのロケが気持ちいい。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆『デッドプール』のレイノルズを思えばもっと尖ったコメディでも。編集と撮影もカプリパンツの様にピチピチ寸足らず。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』(米)
4月8日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
https://hitmanswifesbodyguard.jp/#modal

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー