昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/08

genre : エンタメ, 芸能

「正義のヒーローを演じた人がこんなことをするなんて……」

 小林は警察署でもこってり絞られたようで、翌日店舗に来て、再び店の責任者に謝罪をした後すぐに名古屋に帰ったようです。弁償もしているし、被害総額も1万円以下だったので、逮捕とはならなかったようです。ただ、これは後日、警察から聞いたことですが、小林には中学時代にマエ(前歴)もあったそうです。そういわれれば万引きの手口も馴れていた。名古屋では子どもたちのヒーローだということですから、本当に残念でなりません」(前出・店舗関係者)

事件を担当した中央警察署 ©文藝春秋

 小林の万引きを現場を目撃した店員(現在は退職)にも話を聞くと、こう肩を落とした。

「私自身、仮面ライダーファンだったので、小林さんの顔はすぐにわかりました。万引きの瞬間を目撃した時はショックでした。正義のヒーローを演じた人がこんなことをするなんて……」

「出来心だった」では許されない

 小林のツイッターには今も10月1日にボイメンの番組ロケで福岡入りした際の書き込みが残されている。そのツイッターによると、小林は10月4日に名古屋に戻っており、万引きをしたのはロケの間の出来事だと推察される。小林の所属事務所はこの“事件”を把握していたのだろうか?

万引き事件のあった日のツイート

 事務所に見解を尋ねると、「本人が全て事実だと認めました」との回答があった。その後、事務所HPには以下の文章がアップされた。

「この度、弊社所属の小林豊が重大な契約違反を犯したことが判明いたしました。信頼関係の破綻が著しく、契約関係を維持することは不可能と判断し、本日、2022年4月8日付で小林豊とのマネジメント契約を解除いたしましたので、お知らせいたします。

大変急なご報告となりましたことをお詫び申し上げます。

今回の経緯といたしましては、本日、小林豊が万引き事案を犯していた事実が明らかとなりました。

被害者の方には、多大なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」

 前出の店舗関係者が嘆く。

「化粧品は原価も高く、9000円分も盗られたら、何個売って元をとればいいのかわかりません。『バレたら金を払えばいい』という話ではないし、出来心だったでは許されないと思います」

 4月8日21時~の「文春オンラインTV」では、本記事について担当記者が詳しく解説する。

 

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(24枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z