昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高市早苗政調会長の再婚 夫の山本拓・前衆院議員が「高市姓」に

 自民党の高市早苗政調会長(61)が、同党の前衆院議員・山本拓氏(69)と昨年再婚した際に、山本氏が「高市姓」になっていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

 昨年12月に「週刊新潮」が再婚をスクープした際は、相手が前夫の山本氏だったことに永田町でも驚きの声が広がっていた。

「高市氏と山本氏は94年に結成された政策集団リベラルズ時代からの同志で、その後、自民党入りし、派閥も清和会で一緒。2004年に結婚した後は政界のおしどり夫婦と言われていましたが、2017年に離婚しました。理由について当時2人は連名で〈互いの政治的スタンスの違い〉との書面を公表しています」(政治部記者)

高市氏 ©文藝春秋

 離婚後も2人の関係は悪くなく、昨年9月の総裁選でも山本氏は高市氏を支援。翌10月の衆院選で山本氏が落選したことで、2人の間に〈政治的スタンスの違い〉がなくなったからか、再婚に至った。

 ただ、不思議なことに、奈良県選挙管理委員会等に高市氏の政治資金収支報告書を確認すると、今も名義は「高市早苗」のままだ。