昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「信者が集まって中傷ビラを」下村博文元文科相への選挙支援を統一教会元信者が告白

 統一教会(現世界平和統一家庭連合)との関係を巡り「選挙におけるボランティア支援」や「旧統一教会及び関連団体の組織的支援、動員等の受け入れ」を否定してきた下村博文元文科相(68)の衆院選で、元信者が「選挙の手伝いをした」と「週刊文春」の取材に証言した。

統一教会の名称変更を文化庁が認証した当時、文部科学大臣だった下村氏 ©共同通信社

 今回、取材に応じたのは2009年当時、東京・武蔵野市の「武蔵野教会」に所属していた統一教会信者のXさん。自民党の麻生太郎政権は支持率が低迷。8月末の総選挙では政権交代が起きるのでは、との観測が強まっていた。Xさんのもとに、教団幹部のF青年部長から連絡が来たのは、ちょうどその頃。当時、Xさんは20代で、教団活動にフルタイムで専念する「献身者」だった。

 Xさんは、F青年部長にこう言われたと証言する。

「今度の衆院選で有田(芳生)さんが東京11区から出馬する。落とすために対抗馬の下村さんを応援してください」

 指示を受け、Xさんは、同じ教会の3~4人の仲間と板橋区内にある下村氏の選挙事務所に向かった。

「そこには、近隣の教会から来たと思われる信者が、他にも10人ほど集まっていました。事務所には有田さんを中傷するビラが用意されていた。それをポスティングするのが役目でした」(Xさん)

下村氏と激しい選挙戦の末、敗れた有田氏 ©共同通信社

 有田氏は1980年代後半からジャーナリストとして霊感商法などの統一教会問題を追及。有田氏が国会議員になるのは、教団としては最も避けたい事態だった。

 Xさんが続ける。

「教団内では有田さんは悪の権化。潰すために下村さんの選挙を支援しようと」

 数時間のポスティングを終え、事務所に戻ったXさんたち。そこにやってきたのは下村氏だった。

「有田さんのことはあまり注目していなかったけど、最近は力をつけてきているようです。拮抗してきているので、頑張りましょう」

 そう挨拶したという。

z