昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安倍昭恵夫人が語った山上徹也容疑者 「なぜ殺人の前に相談する人がいなかったのか」

 9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で、気丈に喪主を務めていた妻・昭恵氏(60)。その昭恵氏が、安倍氏の死去から約2週間後、公の場で山上徹也容疑者(42)についての想いを語っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

会長挨拶で最愛の夫を喪った悲しみを吐露

 昭恵氏は7月25日、2014年から会長を務める公益財団法人「社会貢献支援財団」が帝国ホテルで開催した「社会貢献者表彰式典」に参加。社会福祉や国際貢献に携わった企業などを表彰する式典だったが、昭恵氏の出席は直前まで決まっていなかったという。

国葬では喪主を務めた安倍昭恵夫人(JMPA)

「事件直後ですから、財団の人も前日まで『別の人が代理で表彰するかも』と言っていました。しかし当日、昭恵さんが出席すると知らされた。『社会貢献のための賞だから出席した』と仰っていました」(参加者)

 午前10時半に始まった式典。冒頭の会長挨拶で、昭恵氏は最愛の夫を喪った悲しみを吐露した。そして、山上容疑者についてこう語っていたという。