文春オンライン

LINE、タワレコ、世田谷代田…ドラマ「silent」が“実名”にこだわる理由〈脚本家、プロデューサー・インタビュー〉

note

“泣けるドラマ”として大反響を呼んでいるフジテレビ系木曜劇場「silent」(木曜午後10時)。脚本家・生方(うぶかた)美久氏(29)と、プロデューサー・村瀬健氏(48)が「週刊文春」のインタビューに応じた。

大人気ドラマ「silent」脚本家は「29歳の新人」

「silent」はCDショップ店員の青羽紬(川口春奈)と、聴力を失った青年の佐倉想(目黒蓮)が織りなす切なくも温かいラブストーリー。民放公式テレビ配信サービス「TVer」による見逃し配信の再生回数(第1話が443万再生、第2話は489万再生=10月21日時点)で歴代最高を更新するなど、幅広い世代から支持を受けている。特に評価が高いのは、繊細でリアルな会話シーン。この脚本を書き上げたのが、弱冠29歳の生方氏だ。

ドラマ「silrent」ポスタービジュアル ©フジテレビ

 群馬大学医学部保健学科を卒業後、地元で助産師として働いていた生方氏。脚本家への道を歩み始めたのは、25歳の頃だった。

ADVERTISEMENT

「昔から活字は全然ダメだったんですが、映画が大好きでした。最初は映画監督を目指して独学で脚本を書き始め、コンクールなどにも応募していました」(生方氏)

 昨年4月に上京。転機は11月、坂元裕二氏らを輩出してきた「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞したことだった。受賞作「踊り場にて」を「silent」のプロデューサー・村瀬氏が目にしたことで、彼女の人生も急展開していく。

「村瀬さんに声をかけて頂いて、今年1月、『手話を使う』『川口春奈・目黒蓮2人のラブストーリー』という“お題”をもらったところからスタートしました。連ドラどころか、仕事で脚本を書くことも初めて。まず脚本を書く前に、手話の勉強を個人的に始めました。文献を読み、手話教室ではろう者の先生から手話を学びました。手話を使う方が発信しているSNSや動画も参考にしました」(同前)

尊敬する脚本家は坂元裕二「毎年数回は見返します」

 尊敬する脚本家は、洒脱な会話劇で知られる前出の坂元氏(主な作品に「東京ラブストーリー」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「大豆田とわ子と三人の元夫」など)だという。