昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

略奪愛、2度の離婚…葉月里緒奈47歳が“セレブ妻”として再注目。本人に聞いてみると…

〈巻き髪でちょっとフェミニンに。でもこの立ち姿じゃダメだね(笑)〉

 インスタグラムに投稿した近影が話題を呼んだのは、女優の葉月里緒奈(47)だ。

◆ ◆ ◆

19歳の頃、“略奪愛”で世間を騒然とさせる

 9月18日には美容院を訪れ、ふんわりとウェーブを施した茶髪を披露。フォロワーは「雰囲気変わって、また素敵です」「綺麗な人はずっと綺麗」などと称賛のコメントを寄せている。

葉月里緒奈(本人のインスタグラムより)

 芸能界入りから約30年。

「10代前半をシカゴで過ごした帰国子女で、1993年にドラマデビュー。『お父さんなんて大嫌い!』と叫ぶチオビタドリンクのCMでも注目され、“美少女女優”として脚光を浴びた」(芸能記者)

 ところが19歳だった95年、映画「写楽」で共演した真田広之との熱愛が発覚。真田は手塚理美と結婚しており“略奪愛”とバッシングされた。だが葉月は、

〈奥さんがいても、堂々としちゃいますね〉〈いま出会っちゃったからいけないんですか?〉(『週刊朝日』95年9月22日号)

 などと語り、世間を騒然とさせたのだ。

「結局、真田は離婚。そこからは“魔性の女”と呼ばれました。97年には当時オリックスのイチローとの熱愛報道。翌年にはヘアヌード写真集を出し、50万部を売り上げた」(同前)

ヌード写真集「RIONA」は篠山紀信氏が撮影

 本業では映画「パラサイト・イヴ」などで好演。

「気品があり、吸い込まれるような瞳で見つめる演技は評価されていた」(同前)

 ところが――。