文春オンライン

「はいよ、じゃあね」が最後の言葉に

「二度寝しちゃだめだよ」

 そう語りかける純歌に、「はいよ、じゃあね」と答えて電話を切った仲本の声は、いつもと変わらず柔らかかったという。そして、仲本は横浜に向かった。

 ただ、「週刊新潮」は、仲本が一人で放置されていた居酒屋兼自宅は飼っていた犬や猫の糞尿の臭いが鼻をつくなど“ゴミ屋敷”だったと指摘。また、純歌は「洗濯や片付けができず」、新しい“彼氏”と「デートを重ねていた」などと報じている。

仲本が生活していた自宅兼居酒屋

 こうした疑問について、純歌はどう答えるのか――。

 10月26日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および10月27日(木)発売の「週刊文春」では、90分にわたって直撃した純歌との詳しい一問一答に加え、さらに誰もが「優しかった」と口を揃える仲本の人物像、亡くなる直前の病室の様子などについて詳報する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー