昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 AKBの名物企画「選抜総選挙」では第5回に圏外からのスタートだったが、年々順位を上げ、2018年に開催された最後の総選挙「第10回選抜総選挙」では5位に輝いた。

「活動に真摯に向き合い、地道な活動が実を結んだ形になりました。もちろん今ではグループの中でも人気は群を抜いていて、岡田に憧れる女性ファンが多いことが強みにもなっています」(同前)

ミュージカルで共演したイケメン俳優と交際

 今年1月に開催された「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」では初優勝を果たし、歌唱力の高さを見せつけたこともあった。その歌唱力を活かしミュージカルにも挑戦し、今年6月に「マギ」に出演。そして、この出演がきっかけで岡田は後の交際相手と出会うのだ。

「マギ」のメインキャスト。右から猪野広樹、宮島優心、岡田奈々(猪野のInstagramより)

 そのお相手は、ミュージカルで共演した2.5次元俳優の猪野広樹(30)。猪野は数々の話題舞台で主演を担い、ミュージカル「マギ」ではアリババ役を務めていた。舞台だけでなく2022年度のカレンダーや写真集を発売するなど、実力と人気を兼ね備えたイケメン俳優だ。

猪野(本人のInstagramより)

 岡田の知人が2人の関係性を明かす。

「舞台の共演がきっかけで2人は交際に発展。公演が始まった6月にはすでに親密な関係になっていました。頻繁にお互いの家を行き来しているそうです。猪野さんは今年7月に開催された岡田さんのソロコンサートにミュージカルの共演者を連れて訪れていました。当然岡田さんは村山さんにも猪野さんのことはすでに紹介しているそうですよ」

 そんな2人を取材班が目撃したのは、岡田が誕生日を迎える12時間前。11月6日12時頃だ。猪野が住む都内のマンションから2人が出てきた。

11月6日正午頃、人目を気にせず2人で歩く岡田と猪野。岡田は猪野の上着のポケットをしっかりと握っていた  ©文藝春秋 撮影/細尾直人
11月6日正午頃、人目を気にせず2人で歩く岡田と猪野。岡田は猪野の上着のポケットをしっかりと握っていた ©文藝春秋 撮影/細尾直人

 ミニスカート姿の岡田は眼鏡をかけ黒いキャップを被っていて顔はほとんど見えない。誕生日プレゼントなのか、手には「アニエスベー」の白い紙袋を持っている。一方白黒のチェックシャツをはおった猪野は帽子を被っておらず、くっきりとした顔立ちが一目で分かった。

 歩きながら、岡田は猪野のシャツの裾に手を伸ばした。最初は猪野のシャツの裾を掴みながら歩いていたが、段々と手繋ぎ、腕組みへと距離が縮まっていく。2人の時間に夢中なのか、周りを気にする様子は一切ない。