昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《腕組みスクープ撮》「新居マンションの内見に父親同伴でカレと…」AKB48“圧倒的センター”岡田奈々(25)と2.5次元俳優が親公認の真剣交際

 11月6日23時半頃、AKB48の岡田奈々(25)が誕生日を迎える瞬間を祝うため、同グループのメンバー村山彩希(ゆいり・25)が友人とともに岡田の住むマンションを訪問していた。

 この日、村山は昼頃からAKB48の59thシングル「元カレです」発売記念のオンラインお話し会の振替開催に出演。村山がイベントを終え、21時頃に帰宅した後、約1時間半後に友人と思しき人物と2人で家から出てきた。2人は白いセダンで「ドン・キホーテ」に立ち寄り、そのまま2人揃って岡田の自宅マンションへと入っていった。

友人らしき人物と岡田の自宅へ向かう村山。手には「ドン・キホーテ」の袋 ©文藝春秋 撮影/細田忠

 岡田は自宅からSHOWROOMで誕生日カウントダウンを生配信。そこには村山も一緒に映っていた。さきほどドン・キホーテで買ったのだろうか。村山はクラッカーなどのパーティグッズで岡田を祝った。

「“ゆうなぁ”の愛称で親しまれている村山と岡田ですが、仕事だけでなくプライベートでも仲が良すぎるくらいいつも一緒にいる。岡田のボーイッシュな魅力も相まって、『“ゆうなぁ”の2人は付き合っているんじゃない?』なんて話が関係者のあいだで囁かれるほど。だから熱愛報道からは遠い存在だったんですけどね……」(AKB関係者) 

AKB内でも圧倒的人気を誇るメンバー

 岡田と言えば、2012年にAKB48の14期研究生としてグループに加入。51stシングル「ジャーバージャー」、58thシングル「根も葉もRumor」ではセンターに抜擢され、いまではAKBを代表する人気メンバーだ。しかし、ここへ至るまでには紆余曲折があった。

岡田奈々(本人のTwitterより)

「加入当初は、元メンバーの西野未姫(23)、小嶋真子(25)らとともに“三銃士”と呼ばれ大きな期待を受けていましたが、しばらくは選抜に入ったり外れたりと不安定な状態が続いていました。

 そんな彼女にとって転換点となったのが、STU48との兼任、キャプテンを任されたことでした。2017年から5年間STUに在籍してグループを牽引、今年3月の兼任解除まで走り切りました。そのひたむきな頑張りが、多くのファンの心をつかんだのです」(スポーツ紙記者)