文春オンライン

Microsoftの「Edge」はこうすれば“推しブラウザ”になる!?余計なお節介をなくす3つのステップとは

2022/12/23

 Internet Explorerの後継として2015年に登場したブラウザが、マイクロソフトの「Edge」です。登場から早数年、バージョンアップを重ねて完成度は格段に上がり、また弱点だった拡張性もChrome向けの拡張機能が使えるようになるなど、操作性・機能性ともに大きく改善されています。Windowsで標準搭載されるだけでなく、最近はiOSやAndroid向けのアプリもリリースされています。

 もっともこのEdge、既存のブラウザから積極的に乗り替えようとする人をあまり見かけないのも事実。その背景には、同社のOfficeなどにも共通する、お節介な挙動が影響しているように思えます。操作のたびにプラスアルファの機能を提案してきたり、予期せぬ動きをしたりといったEdgeのふるまいは、シンプルにやりたいことだけをしたいユーザにとっては、目障りに感じるものです。

Internet Explorerの後継として2015年に登場したブラウザ「Edge」。じつは設定次第でグッと使いやすくなる ©iStock.com

 今回はこのEdgeについて、「いらないお節介をなくす」「見た目は極力シンプルに」という方針のもと、使いやすくするためのおすすめの設定を紹介します。年末の大掃除の時期、これら設定を変更して、圧倒的な使いやすさを実現させてみてはいかがでしょうか。

 なおブラウザの使い方はユーザによって千差万別ですので、設定の正解は必ずしも一つではなく、判断が分かれそうな項目も多くあります。慣れた挙動が変わって使いづらくなる可能性もありますので、全項目を一気に変更するのではなく、様子を見ながら小分けに試すことをおすすめします。

1、まずはトップ画面から…

 まずはEdgeを起動してすぐに表示されるホーム画面から見ていきましょう。起動しただけでニュースや天気などありとあらゆる情報が読み込まれるEdgeのホーム画面は、ただ検索をしたいだけ、少しでも早くサイトを見たいだけの人には目障りなもの。まずはこれをスッキリさせましょう。

 手順は、右上の歯車アイコンをクリックして「ページ設定」を表示し、レイアウトをいったん「シンプル」へと変更したのち、クイックリンクは「オフ」、さらに「あいさつを表示」「Officeサイドバー」「新しいタブのヒント」はいずれもオフ、画面の表示内容は「ニュースを非表示」へと変更します。これによって、検索フォームだけを残した、シンプルな画面へと改めることができます。

デフォルト設定のままのEdgeの新規ページ。ポータルサイトまがいの派手さで読み込みに時間がかかることもしばしば。これをカスタマイズするには画面右上の歯車マークをクリック
レイアウトを「シンプル」、クイックリンクは「オフ」、「あいさつを表示」「Officeサイドバー」「新しいタブのヒント」はいずれもオフに、画面の表示内容を「ニュースを非表示」へと変更します