ニヒリズムを身体化した思想家 『1%の努力』ひろゆき

ベストセラーで読む日本の近現代史 第111回

佐藤 優 作家・元外務省主任分析官
エンタメ 社会 読書

「2ちゃんねる」の開設者で、現在は英語圏最大の掲示板「4chan」の管理人であるひろゆき(西村博之)氏は、現下日本でもっとも影響力を持つ論壇人の一人だ。最近では沖縄の辺野古新基地建設に反対する人々の運動に対するひろゆき氏の言説が、賛否両論の激しい反応を生み出した。評者は辺野古新基地建設に反対なので今回のひろゆき氏の言説には強い違和感を覚える。

 しかし、ひろゆき氏に「炎上商法だ」「差別主義者だ」というレッテルを貼って、単純に問題を処理してしまうことには反対だ。こういうアプローチはひろゆき氏が持っている思想の力を過小評価してしまうことになるからだ。ひろゆき氏を現実に強い影響を与える思想家として、その思想を真剣に分析する必要がある。そのためによい手掛かりを与えてくれるのが同氏のベストセラー『1%の努力』だ。評者の理解では、ひろゆき氏はニヒリズム(虚無主義)を身体化している思想家なのである。

『1%の努力』ひろゆき

〈たとえば、僕は、人生に「生きる意味」は存在しないと考えている。/虫や細菌に生きる意味がないのと一緒で、地球上の生物は地球の熱循環システムの一部としての機能を果たしているだけだ。/ただ、そう考えることで、「じゃあ死ぬまでにできるだけ楽しく暮らすほうがいいな」と思うことができる。/幸せの総量を増やすことを目標にすればいいのだ。/それをうまく教えてくれるものがある。「本」だ〉

 ひろゆき氏は読書家だ。特にジャレド・ダイアモンドが『銃・病原菌・鉄』で展開した、ヨーロッパが覇権を獲得したのはユーラシア大陸が横に長く穀物や家畜の多様性が生まれたためだという言説から影響を受けている。

〈そこから僕が導き出した答えは、「人類の努力は、ほぼ無意味だ」ということだ。/いくら人間が頑張っても、大陸の形を変えることはできない。/僕の生き方は、そういう結論から逆算するようにしている〉

0を1にする才能がない

 ひろゆき氏は傲慢で「歩く夜郎自大」のように見られている。しかしそれは同氏の自己理解とは大きく異なる。ひろゆき氏は0から1を作り出す才能が自分にないことを認めている。

〈誰も思いつかないようなアイデアを実現している人を見ると、「僕には無理だな」と思う。/他人の考えたものを説明するのが好きだし、伸ばせる部分を見つけたり、改善点を指摘したりするのは得意だ。/(中略)面白いことを考えつく人は、守るべきものができると、途端に面白くなくなる。恋人ができたり、家庭を持ったり、会社で出世したりすると、天才が天才でなくなってしまう。/40歳を過ぎて周囲を見回すと、そうやって面白くなくなった人ばかりだ〉

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : エンタメ 社会 読書