文藝春秋 電子版

「映像の世紀」制作秘史

菊池寛賞受賞

寺園 慎一 NHKプロデューサー
エンタメ テレビ・ラジオ

約30年続く大人気シリーズにこめられた「テレビ屋」の矜持

山荘で過ごすヒトラー(撮影 エヴァ・ブラウン) ©NHK

「長くやっているとこんなすばらしいこともあるんだなあ……」。私が担当している「映像の世紀バタフライエフェクト」が、第70回の菊池寛賞を受賞したという知らせを受け取った時に頭に浮かんだことだった。私は、1982年に入局し、40年以上、主にドキュメンタリー番組のディレクター、プロデューサーを続けてきた。ただただ目の前に積まれているVTRの山を編集し、台本を書いて、音をつけて、放送にこぎ着けるかということだけを考えているうちに40年も経ってしまったというのが実感である。

「映像の世紀バタフライエフェクト」は、2022年4月から毎週月曜日夜10時に放送している45分の番組である。「バタフライエフェクト」とは、本来は数学の理論などで使われる学術用語。同じ方程式に、ほんのわずかに違う数字を入れてみると、最終的には全く違う計算結果が生じる現象を指す言葉である。私たちの番組では、この言葉に「歴史の連鎖」という意味を込めている。

 茨木のり子の「小さな渦巻」という詩がある。

 ひとりの人間の真摯な仕事は

 おもいもかけない遠いところで

 小さな小さな渦巻をつくる

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の
全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長からの会員限定ニュースレターが読める
  • 過去10年3000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年2月号

genre : エンタメ テレビ・ラジオ