二人の娘を突然うしなった母「18年はあっという間。1日たりとも忘れることはない」

平成凶悪事件と「その後」 平成17年 大阪姉妹連続殺人事件篇 第2回

小野 一光 ノンフィクションライター

電子版ORIGINAL

ニュース 社会

日本を震撼させた平成の凶悪事件。事件後に流れた歳月は犯人・遺族の心境にどのような変化をもたらすのか。ノンフィクションライター、小野一光が現場を歩く。今回は「平成17年 大阪姉妹連続殺人事件」編 の第2回(全4回。第1回から読む)。

 奈良県某市の丘陵地。そこにある住宅街へと続く坂道を上るのは、8年ぶりのことだ。

 2005年11月17日、大阪市浪速区にあるマンションで、山地悠紀夫(享年25。09年7月に大阪拘置所で死刑執行)によって殺害された上原明日香さん(同27)と千妃路さん(同19)姉妹。彼女たちの実家がそこにある。

 15年5月に初めてここを訪ねた際、応対してくれたのは母の上原百合子さん(69)だった。事件から10年を経ても、当時の百合子さんは明らかに憔悴していた。ちょうど自宅を出ようとしていたところで声をかけ、線香をあげるため家に上がらせていただいたところ、彼女はか細い声でこう言った。

「今日は、主人が週に2日の介護施設に行く日なので、近くに借りている畑に行こうとしていたんです。土いじりは友人に勧められたんですが、それをやっているときだけは、無心になれる。無我夢中で、なにも考えずに済みますから……」

 事件が起きてから3年間、百合子さんはうつ病を患っていたと話す。しかし、夫の和男さんが事件の精神的なショックから糖尿病を悪化させて失明し、5年後に脳梗塞で倒れた。さらにその1年後には直腸がんが見つかり、私が家を訪ねたときの前年、がんが転移していることが判明しており、ほとんど寝たきりの状態だったのだ。そのため彼女は、夫の介護のためにわずかな力を絞り出すようにして立ち上がっていた。

「それまで夫婦ふたりで死ぬことしか考えていませんでした。生きるのなんて考えてない。明日香と千妃路のお骨も、いまだに納骨してないんです。親より先に納骨なんて、むごいことできません。いまは主人があの世に連れて行くと話しています」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース 社会