昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/05

“腰こり”を改善させるには……

 とくにステイホーム期間中は通勤などで出歩く時間が減りましたから、体を動かす機会も減って、腰痛が長引いている人もいるはずです。しかし、戸田医師によると、腰痛は早く対処しないと「痛みの悪循環」に陥り、慢性化してますます悪化してしまうそうです。戸田医師が解説します。

「知覚神経がとらえた痛みの情報が脊髄を通るときに、交感神経が刺激されます。交感神経は、目が覚めた時や興奮した時に働く神経で、この働きが亢進すると血管が収縮します。その結果、血管を通して運ばれる酸素が減り、筋肉のエネルギー源となるATPの供給量が減ります。それによって、筋肉のこりがますますひどくなり、痛みが強くなってしまうのです」

©iStock.com

 そして、痛みが強くなると交感神経がさらに刺激され、血管が収縮して腰のこりがひどくなり、さらに痛みが強くなる……というサイクルに入っていき、やがてそこから脱出することができなくなります。こうして「痛みの悪循環」に陥ってしまうのです。

「腰痛を改善させるには、この悪循環を断ち切らねばなりません。そのために第一にすべきなのが、“腰こり”を改善させることなのです」(戸田医師)

1回1分の「ちょいトレ」とは?

 では、腰こりを改善させるには、どんなことをすればいいのでしょうか。戸田医師が提唱するのが、1回1分の「ちょいトレ」です。その一つである「腰割りねじりストレッチ」を紹介しましょう。

 まず、立ったまま背筋を伸ばして足を外側に広げ、腰を3秒間ゆっくり落とします。この状態でひざを5回曲げ伸ばしして、腰割りを行います(15秒)。

 

 次に、腰割りの姿勢のまま、片方の手で内股を押しながら、肩を内側に入れて腰をねじり、2秒数えます。これを左右10回ずつ行いましょう(計40秒)。この際、横から見ると背筋がななめ前に伸びるように意識してください。

 

 このストレッチを、朝、昼、夕方の3回行うようにします。とくに、デスクワークをしている人は2時間に1回くらい、わずか55秒でいいので気分転換だと思って、この腰割りねじりストレッチを行ってください。腰痛を予防できるだけでなく、その後の作業もはかどると思います。