昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/09

横浜市の接種予約で1分間に200万アクセスが意味するもの

 日本人は1年余に及ぶコロナ禍にあっても、混乱せずに我慢を続けてきました。コロナという特殊事情下において、機能不全に陥り、思考停止になっている政治が、律儀で真面目な国民性によって救われているといえます。

小池百合子東京都知事 ©時事通信社

 それでも、静かな炎は燃え広がっていると思います。ワクチンの予約電話を何度かけても繋がらないので、老人たちが市役所や町村役場に列をなしているというニュースが最近よく流れます。あれは、政府に対する強烈な不信の表れでしょう。65歳以上の高齢者は全国に3600万人。無論、全員が有権者です。この人数が怒りを募らせれば、政治を大きく揺るがす動きになります。

 横浜市の接種予約で1分間に200万のアクセスがあり、予約が中断されたことが大きく報じられました。200万という数字は「おじいちゃん、おばあちゃんのために」と、家族総出で予約に手を尽くした姿が目に浮かびます。この「世の中の人々の感情」を無視すれば、政治はとてつもなく大きなしっぺ返しをうけるでしょう。

菅義偉首相  ©文藝春秋

菅政権の大きな分岐点は、7月末の期限を守れるかどうか

 菅首相は4月26日、前日の国政選挙3戦全敗を受けた会見で、「7月末を念頭に、高齢者に2回目のワクチン接種を終えたい」と語りました。接種を進めて支持率を上げたいという思惑があるのでしょう。7月23日から五輪が始まります。

 しかし、逆に7月末までに接種を終えることができなかったら、静かな炎はどうなるのかーー。自ら設けた7月末という期限が守れるかどうか。ここが菅政権にとって、大きな分岐点になることは間違いありません。

(取材・文 石井謙一郎)

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー