昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

無印とPro、買うならどっち?「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」、実際に使って確かめた“違いと選び方”

2021/10/15

 新しい「iPhone 13」シリーズが登場しました。従来と同じ4モデルのラインナップで、多彩なニーズに対応できるようになっています。

 選ぶ時、どうしても画面サイズの違いに目が行きがちなiPhoneですが、実際には「無印」と「Pro」とで大きく機能が異なっており、それぞれにサイズ違いのモデルが存在するという構成になっています。

 そのため、自分にぴったりな1台を見つけるにあたっては、両者でサイズが共通する「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」とを比較し、どちらが自分に向いているかを確認した上で、サイズ違いのバリエーションを比較検討するという段取りを経たほうが、より適切なモデルを見つけやすいと言えます(その割にサイズが不揃いなのは困りものですが)。

 今回は、このiPhone 13とiPhone 13 Proについて、具体的にどのような違いがあるか、さらに従来モデルと比べた場合の、iPhone 13シリーズならではの特徴までをひっくるめて紹介します。

iPhone 13シリーズの中で自分にぴったりな1台を探すには、無印こと「iPhone 13」とProモデル「iPhone 13 Pro」の違いを知るのが最短ルートと言えます

iPhone 13とiPhone 13 Pro、違いの8割は「カメラ」!?

 この両製品、画面サイズが同じ6.1型でありながら、実売価格は2万円以上もの差があります。一体どのようなところが違うのでしょうか。順に見ていきましょう。

 この両製品の違いは、そのほとんどはカメラにあると言ってしまって差し支えありません。iPhone 13は広角と超広角の2つのレンズしか搭載しませんが、iPhone 13 Proはそれらに加えて望遠レンズが搭載されています。

 光学3倍ズームに対応していますので、遠景をズームで撮りたい場合などには圧倒的に向いています。こればかりは、デジタルズームで代替できるものではありません。両者の違いの8割くらいは、このカメラにあると言っても過言ではないでしょう。

左がiPhone 13、右がiPhone 13 Proなのですが、いかんせん画面サイズは同じなので、まったく区別がつきません
もっとも裏面を見ると、iPhone 13 Pro(右)は望遠レンズが追加されており、2眼であるiPhone 13(左)との違いは明らかです。ちなみにレンズの口径も違います
左がiPhone 13、右がiPhone 13 Proで撮影した画像。時間のズレで雲の加減がやや違うことを差し引いても、iPhone 13 Proのほうがやや明るめです
これはiPhone 13 Proの光学望遠。従来の2倍から3倍へと進化しています
iPhone 13は最大5倍の望遠が可能ですが、すべてデジタルズームなので、画質は低下します
iPhone 13 Proは光学3倍望遠とデジタル5倍望遠を掛け合わせ、最大15倍のズームに対応します