昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

18歳で交際発覚。事務所は火消しに走ったが…

“恋人発覚”も早かった。05年3月、「FRIDAY」が3人組「w-inds.」の橘慶太(36)との“通い愛”を報じたのだ。

「当時松浦18歳、橘19歳。カップ麺を買い橘のマンションに入るという生活感漂う姿に事務所は火消しに走ったが、翌年の松浦のシングルは売り上げ2万枚と全盛期の10分の1に落ち、影響は大きかった」(同前)

 破局報道などを経て2人が結婚したのは8年後の13年。松浦は〈私の青春には、すべて彼がいます〉とのメッセージを発表した。

2003年に発売された『アロハロ!松浦亜弥写真集』(角川書店)

 現在までに三子を儲け、子供の幼稚園入園式に揃って出席するなど、夫婦仲は円満といわれるが……。

「w-inds.はダンスしつつも口パクに頼らない橘のボーカルが評価されてきたが、かつて20万枚を売り上げたシングルが20年発売の『DoU』は6000枚程度で、それ以降は配信に移行している」(同前)

 一昨年、メンバーの緒方龍一が健康上の理由で脱退したのも痛かったという。

「松浦も歌手活動再開の意思は持っており、夫の苦境に一肌脱ぎたいが、末の子はまだ1歳。徐々に復帰していきそう。来年、ハロプロが25周年を迎えるので、松浦も何らかの形でイベントに登場することも考えられる」(同前)

 最強のママドルが、令和に降臨する!?

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z