文春オンライン

〈同居女性の人骨を発見、捜査へ〉埼玉・本庄市5歳児虐待死 3人のシングルマザーに寄生した石井陽子容疑者「戦慄の洗脳」《21歳もサバを読み…》

 今年3月、埼玉県本庄市で住宅の床下から柿本歩夢君(当時5)の遺体が見つかった事件。埼玉県警は6月6日、同家の床下から新たに白骨化した高齢女性の遺体が見つかったことを発表した。遺体は同居していた高齢の女性と特定され、事件性を捜査する。

 歩夢君の虐待と老女の失踪。いったい、この家では何が起きていたのか。関係者4人のいびつな同居生活を詳報した「週刊文春」記事を公開する。(初出:週刊文春 2022年3月24日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 都内に住むシングルマザーのA子さんは、そのニュースを見て息を飲んだ。

 3月5日、埼玉県本庄市で民家の床下から柿本歩夢くん(5)の亡骸が見つかった死体遺棄事件。実母の柿本知香(30)と共に容疑者として名を連ねる“内縁夫婦”の石井陽子(54)、丹羽洋樹(34)の2人とは、逮捕の約10日前に都内で再会したばかりだったからだ。

事件現場となった柿本知香容疑者らの本庄市の自宅 ©共同通信

 歩夢くんが冷たい土中に埋められたのは、今年1月中旬頃。A子さんが語る。

「2月の私の誕生日に、ケーキを持ってやってきたんです。2人に変わった様子は全くありませんでした」

 丹羽はA子さんの息子を抱き上げ、「大きくなったなあ」と笑顔を見せた。

「実は、石井からこれまでに何度か、『一緒に住もうよ』と誘われました。歩夢くんと一つ違いの私の息子も一緒に、と」(同前)

 A子さんの元夫・Bさんはこう補足する。

「A子は“洗脳”されていたんです。全ての元凶は石井。僕らの離婚にも大きく関わっています」

 2015年夏頃。結婚が決まったBさんにご祝儀を持ってきた同級生の一人が丹羽だった。その彼女として紹介されたのが、“中村あおい”と名乗る石井だ。

 

6年前の石井陽子容疑者

 これを機に、2組は仲を深める。石井と丹羽が本庄から都内のBさん夫婦宅に通い、連泊していく“半同居”の関係が始まった。

 石井は、丹羽の“一つ年下”と言った。つまり、年齢を21歳もサバ読みしていたことになる。だが、石井は「老けて見えるとしたら、白血病の治療をした時の副作用」とうそぶいた。

「石井はフェリス女学院を出たお嬢様と自称。実家は広尾ガーデンヒルズ、父は会社をいくつも経営する大社長でプライベートジェットを所有し、兄はデイトレーダー。亡くなった母は広島出身の資産家だそうで、石井は語尾が『じゃけえ』になりました」(同前)