昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鈴木エイト氏が読み解く生稲氏・萩生田氏による旧統一教会の関連施設訪問 抱いた違和感とは

source : 提携メディア

genre : ニュース, 政治, 韓国・北朝鮮, 社会

 
 

7月の参議院選挙で初当選を果たした、自民党の生稲晃子議員が、選挙中に旧統一教会の関連施設を訪問していたことを認めました。

 

一度は旧統一教会との付き合いをきっぱりと否定していた生稲氏。

しかし17日に事務所が発表したコメントでは一転。萩生田光一政調会長と訪問したことを「事実」と認めた上で、演説の場で突然依頼があり、スタッフが判断して出向いたと説明しました。

 

教会関連施設訪問…ジャーナリスト 鈴木エイト氏が感じた「不自然」

新人の生稲議員が教会関係施設を訪問した背景、萩生田政調会長と教団の関係は?

めざまし8は、20年以上にわたり旧統一教会の取材をしているジャーナリストの鈴木エイト氏にお話を伺いました。

20年以上にわたり旧統一教会を取材する鈴木エイト氏

――生稲議員の説明を聞いて、率直にどう思いましたか?

鈴木エイト氏:
この日、八王子の駅前で演説をされていたそうなんですけども、八王子に2カ所ある旧統一教会関連施設、そのどちらに行ったとしても、結構距離が離れているんですね。徒歩で10分から15分くらいかかるところで、そこにぱっと依頼をされて行ったというのは、「不自然な距離」だとは思うんです。当然、この地元である萩生田光一さんが導いたのではないかと

生稲議員が遊説を行っていた場所と、教会関係施設の位置関係から、突然の依頼で訪れたにしては「不自然な距離」だと指摘する鈴木氏。

また、訪問した際に関連団体の施設であると気がつかないことへの違和感も…

鈴木エイト氏:
(八王子にある施設の)2カ所どちらにも礼拝堂があって、おそらくその中で話をされているので、その現地に行くまでに「何かしらここは宗教施設である」ということは認識できたと思います。現場に行くと、ロゴマーク等は入り口と会場のところにあるので、そのあたりを見ていたとすれば、気づいていたとは思うのですけども

萩生田政調会長と教団の関係は?「かなり深い関係」

「(生稲)候補者も不慣れなこともあったため同行しました。現場でそれぞれ短い演説を行いました」
「何かを依頼した事実はありません」

z