宇多田ヒカル 完全にノックアウト

101人の輝ける日本人

松尾 潔 音楽プロデューサー、作詞家、作曲家
エンタメ 芸能 音楽

1998年、まだ15歳の若さで日本の音楽シーンに登場した宇多田ヒカル(39)。デビュー当時にブレーンとして関わった松尾潔氏が、当時の衝撃を語る。

宇多田ヒカル ©共同通信社

 初めて彼女の歌声を聴いた瞬間に、「これは格別の逸材だ」と感じました。音楽好きだけでなく、R&Bをまったく知らない老若男女までを魅了するほどの力量を持っていました。当時日本でもR&Bシンガーが増加中でしたが、彼女はR&Bをネイティブに体内に取り込んでいた。まだ10代の少女で歌声はあくまで歳相応なのに、米国の黒人かというほどのグルーブ感を醸し出す稀有な才能に驚かされました。加えて、藤圭子の娘だということ、さらに作詞・作曲まで全て自分でこなしていると知り、完全にノックアウトされました。その後、彼女のデビューを手伝うことになるのですが、実際に会うまでに少し時間があり、その間にプレゼントが送られてきました。添えられていたカードには「私のあしながおじさんへ」と書かれていて、我々の関係を一言で表す言語感覚にも驚かされましたね。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : エンタメ 芸能 音楽