文藝春秋 電子版

純喫茶と“流行歌”

巻頭随筆

タブレット純 歌手・お笑い芸人
エンタメ 音楽

 昭和な純喫茶が好きなのですが、先日入ったお店では、フルーツポンチやピラフは勿論のこと、ラーメンあり、カツ丼あり、夜はお酒のアテにうずらの醤油漬けもあれば、モーニングには納豆定食まであるとのこと。でもって、ブームのタピオカにもしっかりアプローチ。……ん? そこで何故か心によぎったのが、「和田弘とマヒナスターズ」のこと。ぼくがかつて、その末端に在籍しました歌謡グループなのですが、そのルーツはハワイアンでありながら、小唄や叙情歌、コミックなんでもござれ。「ムード歌謡」の枠に囚われず、実は大衆と添い寝し続けたエンターティナー集団だったのではと思い直し、片隅の席でそっと胸を張った次第です。そしたら後ろの席の方と頭がぶつかってしまいました、頭がでかくてすみません……。

 というわけで頭デッカチにならずに、「昭和歌謡」を、広く“流行歌”と置き換えて、肩肘張らず蜜柑でもむきながら、ひと粒、ふた粒と、こたつの中で思い巡らせてみたいと思います。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の
全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長からの会員限定ニュースレターが読める
  • 過去10年3000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年2月号

genre : エンタメ 音楽