日本の近現代史を訂正していこう

御厨 貴 政治学者
東 浩紀 批評家・作家
ニュース 社会 歴史

世界で進む「記憶の政治」に取り残されるな

 御厨 東さんが最近出版された2冊の新刊は、いずれも「訂正」がキーワードになっていますね。『訂正する力』(朝日新書)は、《日本にいま必要なのは「訂正する力」です》という文章から始まります。正しさばかりが求められがちな現代にあって、この着想は大変面白い。ぜひ今日はいろんな議論をしたいと思って参りました。

  ありがとうございます。今の日本はどの分野も行き詰まっていて、先進国とは言えなくなるほど政治も経済も疲弊しています。でもそこで、「もうダメだ。滅び行くだけだ」と言うべきではない。かといって、すべてをリセットしてゼロから再出発するのも夢想的です。大事なのは安易な現状否定ではなく、一人ひとりが過去を「再解釈」し、現在に生き返らせる柔軟な思想を持つことで、それが「訂正する力」だと考えています。

 御厨 なるほど。

  現在の日本は間違いを認めて方向転換をすることができない風潮に囚われています。政治家や官僚は完璧を目指すあまり、後に見つかった誤りを認めない「無謬(むびゅう)主義」に陥っているし、SNSでは「論破」がもてはやされていて、自説を訂正した瞬間に議論では負けたことになります。歴史認識も同様です。保守もリベラルも互いの主張を突き付け合うばかりでまったく新しい議論をしていない。分断ばかりです。

 御厨 わかります。分断と言えば、安倍晋三元首相の政治がまさしく「分断の政治」でした。皇室の男系男子原理主義とか、集団的自衛権、憲法改正まで、左派との間で摩擦ばかりを生んでいました。

  相手の意見に耳を傾けて、考えを改めようものなら、支持者から「ぶれるな」と批判されてしまうので、どうしても硬直化してしまう。この国で政治的な議論はどうやったら成立させることができるのか、ずっと問題意識を持っていたんです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年3月号

genre : ニュース 社会 歴史