昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「けん制球が1回きたら、盗塁をしかけよう」2013年WBC台湾戦を勝利に導いた鳥谷敬…ギリギリの状況で見つけた活路

『明日、野球やめます』 #1

2022/07/26

 2013年にWBC(ワールドベースボールクラシック)の日本代表として、台湾のチームと戦った元阪神の鳥谷敬氏。1点を追う9回表というピンチの中、起死回生につながる「二盗」に挑んだ彼の心情とは?

 プロ野球人生18年間の軌跡や思いを綴った新刊『明日、野球やめます 選択を正解に導くロジック』より一部抜粋してお届けする。(全3回の1回目/#2#3を読む)

2013年のWBC台湾戦で「鳥谷の二盗」はなぜ成功したのか? 撮影/宮脇進

◆◆◆

鳥谷が追いかけた「メジャーへの夢」

 プロに入ってから、ずっとメジャーリーグに行くことを意識してプレーしてきた。そのなかで、2013年にWBC(ワールドベースボールクラシック)の日本代表として出場させてもらったことは、かけがえのない経験になった。

 WBCの過去2大会でチームを引っ張ったイチローさん、ダルビッシュ有投手らのメジャー組は不在。初めて国内組だけでの世界一への挑戦となる。それでも、田中将大投手(当時・楽天)、前田健太投手(同・広島)らの投手陣に加え、阿部慎之助捕手(同・巨人)、中田翔外野手(同・日本ハム)、内川聖一外野手(同・ソフトバンク)ら、そうそうたるメンバーが集結し、3連覇に大きな期待がかけられていた。面白いことに、内野手は7人のうち4人が遊撃手。一塁手・井端弘和さん、二塁手・松井稼頭央さん、三塁手・鳥谷敬、遊撃手・坂本勇人選手という、ある意味すごいメンバーで内野を守っていたこともあった。

 ボールが重くて飛ばない、投げても滑りやすいという懸念はあったのだが、アメリカの球場でメジャーのボールを使うと、意外と違和感がなかった。もちろん、アメリカでも乾燥している地域ではとても滑りやすいのだが、場所によっては日本よりも打球がよく飛んだぐらいだ。

 本選の第1ラウンドでは、日本代表はキューバに敗れ、ブラジルにも苦戦しながらも、A組2位で第2ラウンドに駒を進めた。このチームでの自分の役割は、本職の遊撃手というよりは三塁手や二塁手。メジャーに行くことを考えると、遊撃手ではなくとも、自分がどこまでできるのかを測る意味で、ちょうどいい機会だととらえていた。

 今でも忘れられない試合がある。第2ラウンド1回戦のチャイニーズ・タイペイ戦。「鳥谷の二盗」として覚えてくれている人もいるかもしれない。

z