白頭山頂で手をつないだ文在寅と金正恩

日本再生 第90回

立花 隆 ジャーナリスト
ライフ 社会 政治

 最近、面白い北朝鮮ものの本を読んだ。1つは脱北作家金平岡氏によるドキュメンタリー小説『豊渓里(プンゲリ) 北朝鮮核実験場 死の情景』。北朝鮮がなぜ核にあれほどこだわり続け、ついにアメリカも無視できない核能力を身につけたのか。金日成にまでさかのぼってその野望の歴史を詳細に跡づけている。

 金日成は建国当初から、北朝鮮を守るためには核の力に頼るほかないと考え、継続的に優秀な学生を選んでモスクワ大学、ベルリン工科大学などに送りだし、核技術を身につけさせた。そしていち早く核実験場も自力開発しようと考え、その候補地に選んだのが、咸鏡北道吉州郡の中でも最も自然豊かな地、豊渓里だった。豊渓里はマツタケとヤマメがとれる場所として全国に知れ渡っていた。特にマツタケは有名で、日本人に好まれ、どんどん輸出された。主要な外貨の獲得手段となっていたが、あるときから核実験場のマツタケに放射能の有無を調べるテストが導入され、それ以降、日本への輸出量がガタ落ちになったという。

 サブストーリーとしてかつての北朝鮮有力者張成沢と金正日の実の妹金敬姫のロマンスがある。しかしその後、張成沢は金正恩委員長の不興を買い、粛清されるという恐るべき血縁(義理)内殺人事件に世界は恐怖した。

 張成沢が、本当のところどのように処刑されたかは、必ずしも明確でない。シンプルに射殺されたという人もいるが、高射砲を使って正面から爆殺されたとも伝えられる。金正恩という人は怒るととんでもないことを平気でやる人と伝えられるから、どんな話を聞いてもそれもあるかなと思ってしまう。

 その金正恩が新たな動きを見せている。

 9月20日、文在寅韓国大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は、3日間にわたった首脳会談を終えて中朝国境地帯に横たわる白頭山(中国名長白山)に四輪駆動車で登った。白頭山は、民族的天地創世神話(檀君神話)によると、朝鮮民族の始祖檀君が天下った地とされている。神話のたぐいを信じない北朝鮮でも、ここは建国の父金日成の抗日パルチザン時代の拠点。やはり民族発祥の地だ。

 白頭山全体は火山で、頂上部分には周囲12〜14キロメートルに及ぶ巨大で美しいカルデラ湖があり、天池と呼ばれている。天池は中国と北朝鮮両国が45%対55%の割合で共有している。白頭山は火山活動を久しく停止しているが、古記録によると、日本の平安時代、江戸時代などに噴火を起している。なかでも10世紀前半の噴火は超特大で、日本にも火山灰を降らせ、その痕跡が各地に残っている(白頭山苫小牧テフラ=火山灰層)。白頭山の火山活動が活発化する兆しは今のところないが、韓国紙の報道によると、火山性地震の観測などからこれから4、5年内に噴火する恐れがあるという。白頭山が本格大噴火すると、ポンペイに最期の日をもたらしたヴェスヴィオス級の大噴火になる可能性もあるという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2018年11月号

genre : ライフ 社会 政治