三菱重工 迷走する「経営改革」

井上 久男 経済ジャーナリスト
ビジネス 企業

事務系社長が気づかない現場と本社の深い溝

納入延期を繰り返すMRJ ©時事通信

「骨身に沁みたのは、(三菱リージョナルジェットの)開発前の情報収集やリスク分析の勉強が足りなかったということ。よく似た失敗が豪華客船だった。できると思って取り組んだが、事前の分析が足りなかったので失敗した」

 今年1月、東京・港区にある三菱重工業本社。実に五度目となる、小型ジェット旅客機・三菱リージョナルジェット(MRJ)の納入延期を発表する会見で、社長の宮永俊一(69)は淡々と敗因を語った。

 50年ぶりとなる純国産機の開発には、同社内だけでなく、多くの国民から期待が寄せられた。同社の子会社・三菱航空機で2008年から開発が始められ、当初はスタートから5年後の2013年に納入を開始する予定だった。

 だが納入目標は大幅にずれ込み、いまは3年後の2020年の半ばに設定されている。度重なる納入延期により、開発費も予定していた約1500億円から、3倍以上の約5000億円規模にまで膨らんだと見られる。そして驚くことに、開発が開始されてからわずか10年で、三菱航空機の社長は4回も代わったのである。

 三菱重工の経営を大きく揺るがしているのは、航空機事業だけではない。同社の“祖業”である造船事業では、ドイツの豪華客船の製造に手間取り、受注額を上回る巨額の特別損失の計上を余儀なくされた。

 直近の連結決算である2016年4月〜12月期は、最終損益が112億円の赤字。同期間の最終赤字は、2004年に四半期決算の公表を始めてから初めてだ。世界各地に400以上の拠点を持ち、連結の売上高約4兆円の超巨大企業とはいえ、決して楽観視出来る状況ではない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2017年06月号

genre : ビジネス 企業