アントニオ猪木、佐野眞一、六代目三遊亭圓楽、仲本工事、渡邉みどり

蓋棺録

ニュース 社会 芸能 スポーツ 音楽

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム

★アントニオ猪木

アントニオ猪木氏 ©時事通信社

 プロレスラーのアントニオ猪木(いのき)(本名・猪木寛至)は常に新たな闘いに挑戦した。

 1976(昭和51)年、モハメッド・アリと闘って世界を驚かす。リングではアリ側が要求した厳しいルールのため、寝転がって脚を狙うという苦しい1戦だった。当時は「茶番劇」などと言われたが、今は「異種格闘技の先駆」として評価されている。

 43年、横浜市に生まれた。実家は石炭商で、11人きょうだいの六男。4歳のとき父が亡くなり、13歳で家族とブラジルに渡った。17歳の時ブラジルを訪れた力道山にスカウトされ、ジャイアント馬場と同時デビューする。

 力道山の2人の育て方はまったく違っていた。馬場をアメリカに送り出す一方、猪木は自分の下に置いて厳しく鍛えた。馬場は力道山に殴られたことはないが、「俺はもう嫌になるほど殴られた。しかし、いまは殴られてよかったと思っている」。

 馬場をライバルとは思わなかったが、力道山亡き後、アメリカで修行して帰国したときから意識するようになる。2人は日本プロレスに属したが、猪木は改革を叫んで追放され新日本プロレスを結成した。一方、馬場は全日本プロレスを設立して対抗する。

 最盛期の70年代から80年代、世界の強豪を何人も招いた。タイガー・ジェット・シンとの闘いでは彼の腕をへし折り、ハルク・ホーガンとの1戦では自分が舌を出して失神しファンを愕然とさせた。「俺は負けると思った相手でも試合をしたんです」。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月は1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • オススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : ニュース 社会 芸能 スポーツ 音楽