明治維新を支えた武士の人材育成術

磯田 道史 国際日本文化研究センター教授
ライフ 教育 歴史

地位、地域で大きく異なる〈武士〉の実像。いま学ぶべき人の育て方、選び方

「武士」の実像に迫る ©時事通信

「武士」とは何か。一見わかりきった問いに思えますが、これに精確に答えるのは実は難しい。そもそも「武士」は「領主」なのか「官僚」なのか。もっといえば、本当にひとくくりの集団といえるのか。これは専門家でも簡単には答えられない問題です。優れた先行研究は数多くありますが、ともすれば「近世武士」とひとまとめで論じられることが多く、地域的にも東北や九州といった地方に研究が偏っていました。

 私は、二十代のほとんどを、日本列島を縦断する「古文書旅行」で費やしました。全国の城下町を訪ね歩き、全国百以上の藩士文書を調査して、見えてきたのは、江戸時代の武士たちが実に多様だったということです。

 一言で「武士」といっても、大きな藩では十段階以上の格付けが存在しました。上は将軍や大名から、旗本や御家人といったいわゆる「侍」、その下が馬には乗れず徒歩で戦う「徒士(かち)」となっていました。広く取ればここまでが「士分」にあたり、さらに下の足軽、中間(ちゅうげん)などの奉公人とは、身分的に大きな隔たりがありました。当然、その格付けによって、担う役割、生活様式ばかりでなく、忠誠心やふだんの心構え、近代的に言えば、自己認識や世界観まで、すべてが大きく異なっていたのです。

 さらに都市化の進んだ藩と、中世的な兵農未分化の状態を色濃く残した藩とでは、武士のありかたは大きく異なります。その研究を博士論文としてまとめたものが、『近世大名家臣団の社会構造』(文春学藝ライブラリーとして文庫化)です。学術論文ではありますが、一般の読者にも十分興味をもって読み進められる書き方を目指しました。

 本稿では、その中でも、武士の人材育成、人材登用について紹介したいと思います。長い近世において、世襲の武士身分が支配層であったことは間違いありません。では、その中でいかなる人材登用、人材育成がおこなわれていたのでしょうか。

 明治維新の立役者たちは、ほとんどが「下級武士」だったといわれます。では、具体的にはどのような家柄だったのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2014年03月号

genre : ライフ 教育 歴史