ゴダイゴ 命名に含まれた意味

101人の輝ける日本人

奈良橋 陽子 演出家
ライフ 音楽

1976年結成の「ゴダイゴ」は、「銀河鉄道999」「ビューティフル・ネーム」などのヒット曲を連発した。作詞を担った奈良橋陽子氏が振り返る。

ゴダイゴ ©共同通信社

 ゴダイゴの始まりは、私の夫だったジョニー野村に、タケカワユキヒデさんが「自分が作詞・作曲した歌を聴いてほしい」と連絡してきたことでした。私も電話越しにその歌を聴き「いいね」と言ったものです。

 ジョニーがタケ(タケカワさん)をプロデュースすることになり、彼と英語の歌詞を練習するところからスタートしました。やがて私が英詞を書くようになりました。

 次にジョニーが考えたのは、ミッキー吉野さんをリーダーとして国際的に通用するグループを結成したいということでした。ミッキーとジョニーで他のメンバーを集めてきて、ミッキーがゴダイゴ(GODIEGO)と命名しました。昔の日本の天皇の名前であり、GO DIE GO(突っ走っていけ!)という意味も含めていたと記憶しています。

 メンバーは一人ひとり個性的で、タケの書く曲にミッキーの素晴らしいアレンジが加わり、非常に豊かなサウンドが生まれてきました。特に最初の数年間は、私たちは夢中になって楽曲やアルバムを作っていきました。タケは私の中にあるイメージを誰よりも理解してくれ、よくその場で即興的に曲を作っていました。

「ガンダーラ」は、私が国際基督教大学に通っているときに授業で出会った素敵な言葉で、ちょうど世界の西と東が一緒になるという――それは私にとってのユートピアだと思ったのです。当時の吉祥寺の私の家のベランダで、タケがガンダーラをギターの弾き語りで披露したときのことを今も思い出します!

奈良橋陽子さん

 タケやミッキーをはじめとするゴダイゴの皆さん、今は亡きジョニーと浅野孝已さん(メンバーのギタリスト)には本当に感謝の気持ちしかありません。無我夢中に一緒に曲作りをしてきたことは私たちのガンダーラだったと思います。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : ライフ 音楽