三浦瑠麗 独占告白120分「夫の逮捕で考えたこと」

三浦 瑠麗 国際政治学者
ニュース 社会

「10代の自暴自棄な私を救い出してくれたのが夫でした」

 3月13日は、私と夫の清志くんが入籍して20周年にあたる結婚記念日でした。出会ったのはお互いに東大の学生時代のことです。その後、私は国際政治学の論文で博士号を取り、自分のシンクタンクを持ちながら、物書きとしてのキャリアを積んできた。一方の夫は外務省や外資系コンサル、投資会社を経て、現在の会社の代表に就いています。互いに独立したキャリアを歩むなか、いくつもの苦難に見舞われましたが、娘と3人での生活を続けてきました。

 本当に様々なことがありましたが、私自身、まさかこんな形で結婚20年を迎えるとは、思いもしなかった。拘置所にいる夫からは「こんな20周年になっちゃって、ごめんね」と弁護士の先生を介して連絡がありました。

 そう語るのは、国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)だ。

 3月7日に、投資会社「トライベイキャピタル」代表取締役で三浦氏の夫の清志容疑者が、業務上横領の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。2019年にトライベイキャピタル社が代表社員を務める合同会社が、兵庫県福崎町で太陽光発電投資事業を始めるための資金として、東京都内の不動産会社から出資を受けた10億円のうち、4億2000万円を横領したとの疑惑だった。

 三浦氏は「夫を支えながら推移を見守りたい」とコメントを出し、マスコミの取材には一切沈黙を貫いてきた。だが今回、本誌の取材に対し、120分間にわたり自身の心境を明かした。

三浦瑠麗氏 ©文藝春秋

 夫が逮捕されたあの日、私たち夫婦はいつも通り、午前中に永田町のオフィスへ出勤して、一緒にコーヒーを飲んでいました。ただ、普段と明らかに違ったのは、オフィスの向こう側にある歩道にぞろぞろと記者が集まっていたことです。1月19日に特捜部の家宅捜索を受けてから、夫は毎週1〜2回、事情聴取に応じていましたが、最初はその取材かと思いました。ただ大手新聞らしき記者もいて、何だか物々しい雰囲気だった。

 その日も聴取があったので、しばらくして夫はオフィスから車で東京地検に出向きます。私も心配でしたが、仕事に集中して、予定されていたアメリカ国営放送の「ボイス・オブ・アメリカ」の取材を受けました。

談春師匠と飲み続けた

 私のオフィスと夫の会社は同じ建物内で隣接しているんですが、午前11時頃、夫のスタッフの1人がスマホを見ながら「なんか、ちょっと……」と気まずそうに声を上げると、他のスタッフも集まり「えーっ!」と騒ぎになったのです。ニュース速報で「三浦瑠麗氏の夫を逮捕」と流れていました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年5月号

genre : ニュース 社会