谷崎潤一郎「二番目の妻」

梯 久美子 ノンフィクション作家
エンタメ 読書 ライフスタイル

 谷崎潤一郎は、生涯に3人の妻を持った。最初の妻は、友人の佐藤春夫に“譲渡”したことで世間をさわがせた千代。三番目の妻は『細雪』の四姉妹の次女・幸子のモデルになった松子である。

 文学史を彩るいくつもの逸話を残したこの2人の妻の間に、もう1人、ほとんど知られていない妻がいる。彼女の名は丁未子(とみこ)。旧姓は古川という。鳥取県出身で、大阪府女子専門学校(現在の大阪公立大学)を出た才媛だった。

谷崎潤一郎 ©時事通信社

 谷崎と一緒になったのは、1931(昭和6)年、24歳になる年のことである。すでに文名高かった谷崎とは21歳の年齢差があった。

 周囲はこの結婚を危ぶんだ。女性について独特の審美眼を持ち、好みのうるさかった谷崎が、人目を引く容貌の持ち主ではあるものの、インテリの小娘にすぎない丁未子に満足できるはずがないと思ったのだ。

 大阪府女子専門学校時代からの丁未子の友人に、一時期、谷崎の秘書をしていた高木治江という女性がいる。彼女は『谷崎家の思い出』という回想記の中で、谷崎をよく知る女性が、当時、この結婚について言った言葉を書きとめている。

「早い話がだっせ、女性遍歴では海千山千の先生が、あんなおぼこはんの()()()()()閨捌(ねやさば)きで辛抱(しんぼ)しゃはる思いまっか」

 辞書を引いても出てこない「閨捌き」という言葉は、閨房における男性の扱い方、ということだろう。この女性は谷崎の友人の実業家・妹尾徤太郎の夫人で、花柳界の出であった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年7月号

genre : エンタメ 読書 ライフスタイル