小林旭 回顧録「200億円の借金地獄へ」

第5回

小林 旭 俳優・歌手
エンタメ 芸能 スポーツ 映画

「ゴルフと人生は同じ。一寸先は闇だ。でも、もう一度トライしたくなるじゃない」

 何事も夢中になると我を忘れて没頭する小林旭が、ある時期、俳優や歌手活動以上に熱を上げたのがゴルフだった。キャリアは長く、初めてクラブを握ったのは20代の頃。全盛期にはドライバーで300ヤード以上飛ばし、プライベートではジャンボ尾崎(尾崎将司)や青木功とも渡り合った。

「俺がゴルフを始めたのは昭和30年代の頭頃。当時は大企業の社長や銀行の頭取といった社会的地位の高い人が集まってやるスポーツで、いまみたいにハタチそこそこの小僧っ子がチョロチョロやるようなものじゃなかったんだ。芸能界では黒澤明監督やNHKの宮田輝アナウンサー、歌手の小畑実さんたちがやっていたくらいでね。

 俺もまだ若造だったけど、いっぺんでゴルフの魅力に取り憑かれたよ。止まっているボールを打つ、つまり無から有を生み出す世界観が性に合っていたのかもしれない。どっぷり浸かって夢中になって、気づいた時には自分でゴルフ場を造るところまで行っちゃったんだ」

 諸説はあるがゴルフはスコットランド発祥の紳士のスポーツ。戦後間もない日本においては世間一般に馴染みが薄く、小林にとっても未知のゲームだった。小林にゴルフの存在を教えたのは主演映画『二連銃の鉄』(昭和34年)を手掛けたアメリカ帰りの阿部豊監督だった。

「ゴルフという言葉自体は耳にしたことがあるけど、見たこともなければ、どんなスポーツなのかも知らなかった。撮影所で阿部監督がパターをいじってるのを目にして、それがゴルフの道具だということを初めて知ったくらいだからね。

 たまたま撮影所と自宅の間にゴルフ場があって、その話を阿部さんにすると『ちょうどいい。朝、ボールを置いてきてくれ』と。それが世田谷にあった砧のゴルフ場に出入りするきっかけになった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年10月号

genre : エンタメ 芸能 スポーツ 映画