第100回記念大会 箱根駅伝 駒大連覇か青学復活か

瀬古 利彦 日本陸連ロードランニングコミッションリーダー
大八木 弘明 駒澤大学陸上競技部総監督
エンタメ スポーツ 教育

名門を率いた2人が語る、記念大会の栄冠を掴む大学は?

 瀬古 大八木さんは、今年で駒澤大学陸上競技部の監督を退いて、総監督になりましたね。箱根駅伝といえば、あなたの「男だろ!」が風物詩となっているけど、来年の箱根駅伝はどこで観る予定ですか。

 大八木 運営管理車には乗れないので、まずはスタートに立ち会って、選手を途中で応援したら、往路ゴールの芦ノ湖へ向かうつもりです。

 瀬古 じゃあ、次回は沿道から「男だろ!」が聞けるのかな。ここで箱根駅伝ファンの方々に断言しておきます。先頭ランナー前方の第一放送車で解説する渡辺康幸さんが「このままだと僕の仕事がない」と嘆くほど、往路から駒澤の独走が予想されています。

前回の箱根は駒澤大学が頂点に ©文藝春秋

 正月の箱根駅伝が、第100回の記念大会を迎える(2024年1月2、3日開催)。前回は、駒澤大学が2年ぶり8回目の総合優勝。出雲駅伝、全日本大学駅伝と合わせた大学三大駅伝を全制覇する「三冠」を獲得したばかりか、その優勝会見で大八木弘明監督(当時)が勇退を表明したことも話題となった。

 第100回大会に向けて、駒澤は既に出雲と全日本を連覇しており、史上初となる2季連続の三冠達成に王手をかけている。

 早稲田大学時代に選手として活躍し、コーチとしても優勝経験がある瀬古利彦氏(67)と、駒澤の総監督となった大八木氏(65)が、指導者から見た箱根駅伝と、第100回大会の展望を語り合った。

12月になると監督は不安

 大八木 駒澤の「一強」だと言われるのは嬉しい限りですが、箱根は甘くありません。10000mのタイムだけで見ればうちが強いかもしれませんが、箱根はコンディショニングが大変。12月に入って気温がグンと下がると、風邪をひくなど、体調を崩す選手が出てきます。だから直前まで、指導者は心配で居ても立ってもいられない。

 瀬古 箱根が近づいてくる緊張感もあります。朝、選手が何か言いたそうにやってくると、嫌な予感がしてドキッとするものね。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年1月号

genre : エンタメ スポーツ 教育