昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 今週の必読

「人を信じさせて熱狂させる」妻がハマって家庭崩壊…「マルチ商法」の恐ろしい手口

夏原武が『妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。』(ズュータン 著)を読む

2021/03/15
『妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。』(ズュータン 著)ポプラ社

 マルチ商法は合法ビジネスである。合法に人間関係を破壊し家庭を崩壊させる。先だって詐欺で摘発されたジャパンライフもその代表格の一つだ。アメリカ発のビジネスだが、広くアジアにも浸透し、お隣韓国でも社会問題化したことがある。

 本書は社名を伏せてはいるが、業界トップ企業によるマルチ商法に嵌(はま)った妻により家庭が崩壊する様を、恐ろしいほどリアルに描写している希有な書籍だ。評者もかつてマルチ商法の取材を度々行い、被害者からも加害者からも話を聞いている。身近な人間が嵌った姿も見てきたが、妻という最も身近な存在が壊れていく様を見せつけられると、胸が締め付けられるような思いになった。また、本書はマルチ商法がなぜ合法で、どこに問題があるかの概説書としても優れた内容になっている。

 偽科学に惹かれていき、X社(本書での表示)製品を盲信していくようになり、アップ(上位会員)の教化を受け、ついには伴侶よりも家庭よりもX社を選ぶ。その恐ろしさは、書中でもたびたび指摘されているが、新興宗教のドグマに染まることと酷似している。

 実際、評者もマルチ商法の幹部に聞いたことがある。「信じることから始まる。このビジネスは人を信じさせて熱狂させることにつきる」これを洗脳という。また、彼らは「科学的に」と言うが、その根拠は正式な医療機関や学会が認めたものではない。科学リテラシーに弱い人たちを取り込む手口に過ぎない。漠然たる不安を分かりやすい話で取り込む手法は、コロナ禍の様々なデマやデマ商品でも証明されている。某マルチの空気清浄機がコロナウイルスを除去すると会員が宣伝し、あわてて本社が否定する騒ぎまであった。