昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 山﨑だけが先に下車しドームへと向かう。広瀬は知人2人とグッズを買った後、電話をかけ向かったのは山﨑のもと。人目を避けるようにして合流し、その後も距離をあけて歩いていた。

山﨑が広瀬を抱き寄せるように腕をまわし...

「通常の客席だと隣席が近すぎであっという間にバレてしまいます。しかし、東京ドームには特別な個室が数十個ありますから、広瀬さん、山﨑さんらもそこで観ていたんだと思いますよ。その証拠に広瀬さんのバッグには招待客が付ける『ゲストパス』が貼ってありましたから」(イベント関係者)

 試合後、熱戦での高揚感からか、広瀬と山﨑は周囲の目を気にすることなく2人並んで駐車場までの道を歩いた。山﨑が広瀬を抱き寄せるように腕をまわし、広瀬もそれを自然に受け入れている。

6月19日21時40分頃、THE MATCH 観戦後に駐車場へ向かう山﨑賢人(手前)、広瀬すず ©文藝春秋 撮影/松澤和也

 駐車場ではまず広瀬が車に乗り、少し離れたところで山﨑が乗車。一緒に会場へ来た他の2人を路上で拾うと、そのまま4人で広瀬の自宅へと帰宅。その後、すぐに知人2人はタクシーで家を後にした。

 翌20日、7時に広瀬が事務所の送迎車で仕事へ向かった。山﨑が出てきたのは1時間後の8時過ぎだ。広瀬の自宅を出て一度自分の自宅に寄ると、そこに迎えにきた事務所の送迎車に乗って去っていった。

 2人の関係は事務所公認ということだろうか。この後も山﨑が頻繁に広瀬の自宅に泊まっているところを取材班が確認している。山﨑が広瀬の自宅に来る際はその多くが事務所の送迎車。自身の自宅へ帰ることは稀で、2人はほぼ同棲状態だった。

 2人の関係や結婚の予定について双方の所属事務所に確認したところ、どちらも「プライベートは本人に任せております」という回答だった。

 7月1日21時~の「文春オンラインTV」では、本件について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(39枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z