昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈心肺停止で救急搬送〉「挙式後にすぐ浮気」「殺し屋を探していた」同級生も噂していた“1.5億円殺人事件”高井凜の異常行動

 養子縁組をしていた大阪府高槻市に住む高井直子さん(当時54)を殺害した疑いなどで大阪府警福島警察署で勾留中だった高井(旧姓・松田)凜容疑者(28)が、9月1日朝、留置施設で心肺停止の状態で見つかり、救急搬送された。

 この事件は、昨年7月26日に高井さんが自宅の浴槽で変死体となって発見されたもの。当時、高井さんには合計1億5000万円にも上る生命保険がかけられており、保険金の受取人は高井凜容疑者だった。高井容疑者が犯行に及ぶ数カ月間を追った「週刊文春」掲載の特集記事を公開する(初出:2022年9月8日号 年齢、肩書等は当時のまま)。

前回:〈心肺停止で救急搬送〉高槻54歳女性殺人 1.5億保険金の受取人は“28歳の養子”だった「アメフト日本一」「愛車はランボルギーニ」から続く

◆◆◆

「殺し屋を探している」

8月25日、大阪府高槻市内に住む高井直子さん(当時54)を殺害した容疑などで再逮捕された、養子の高井凜(28)。彼は、犯行に及ぶ数カ月前から周囲にこう相談していたという。

葉巻を吹かす凜容疑者(本人SNSより)

「計10回以上の変装」用意周到だったアリバイ工作

 直子さんが自宅の浴槽で溺死させられたのは昨年7月22日のこと。当日朝、東京・港区内のマンションから1人の“女性”が出たところから事件は始まる。

「凜はかつらを被った女装姿で家を出ると、六本木のドン・キホーテでトートバッグなどを購入。変装を繰り返しながら高槻市内の直子さん宅へ向かった。防犯カメラには手袋をはめ、粘着テープや包丁を持つ凜の姿も映っている。夕方6時頃に直子さん宅を出た凜は、その日のうちに都内に戻った」(社会部記者)

 計10回の変装に加え、アリバイ工作のためスマホを自宅に放置。さらに犯行後、直子さんのスマホから自分宛てにメールが届くように細工をするなど、周到に準備をしていた様子が窺える。

「決め手となった防犯カメラの映像は新幹線の駅のものだった。チケットを買う際、中指でパネルをタッチして購入する男の姿が収められていた。これは凜の癖で、警察の要請に応じた知人が確認している」(同前)

z