昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

統一教会が北朝鮮に献上した5000億円 文鮮明が金日成に「お兄さんになって」

「反共」「勝共」を掲げ、日本の保守勢力と結びついた統一教会。しかし日本が北朝鮮による拉致被害などで制裁へと突き進む1990年代に同国への莫大な資金提供を繰り返す。取材から浮び上がる「偽りの保守」の姿とは。

◆ ◆ ◆

北朝鮮と統一教会の関係

 韓国・ソウルから車で約2時間。京畿道加平郡の山間部に聳える「清心平和ワールドセンター」は、合同結婚式の会場にも使用される統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の大型イベント施設だ。後に山上徹也容疑者の暴発を招いたとされる、安倍晋三元首相がビデオメッセージを送った教団関連団体の行事が開催された場所でもある。

「清心平和ワールドセンター」の垂れ幕
抱擁しあう2人の写真が中心に

 今年の夏、同施設正面の外壁に、巨大な3枚の垂れ幕が掲げられた。ハングルで〈平和と統一の先駆者〉と綴られた中央の垂れ幕。その写真の中で、教団創始者の文鮮明氏と満面の笑みで抱擁を交わしているのが、北朝鮮の初代最高指導者・金日成氏である。

1912年生まれとされる金日成

「2012年の文氏の死去から9月で10年。それに合わせて北朝鮮は、8月13日、国の対外関係窓口である朝鮮アジア太平洋平和委員会を通じ、文氏の妻で総裁の韓鶴子氏(79)ら遺族宛てに弔電を送っている。文氏の功績を称える内容で、今も北朝鮮と統一教会が良好な関係にあることを示唆しています」(外信部記者)

 反共産主義を掲げてきた文氏の統一教会は、ある時を境に北朝鮮と手を結んだ。そこには、どんな思惑があったのか。

政治団体「国際勝共連合」を結成

 文氏は1920年、現・北朝鮮領定州の農村で生を享けた。キリスト教長老派の信者だった文氏が北朝鮮で宣教を始めたのは、日本による朝鮮統治が終わった翌年46年5月。だが、その2カ月後、朝鮮共産党に南側(韓国)のスパイ容疑をかけられ、逮捕される。

1920年に北朝鮮で生まれた文鮮明

 文氏の生涯に触れた教団の動画では、当時の状況がこう紹介されている。

〈監獄では自白を強要され数限りなく殴りつけられました〉

 興南監獄に収監され、重労働に服していた文氏は、50年の朝鮮戦争に乗じて出獄。54年、ソウルで統一教会を創始すると、5年後には日本でも同教団を設立する(宗教法人の認可は64年)。そして68年、韓国と日本で反共産主義を掲げた政治団体「国際勝共連合」を結成するのである。

 迫害された恨みを根に反共を掲げてきた文氏にとって、同じ民族の北朝鮮、国を率いる金日成主席は、長らく打倒の対象だった。

「自由世界と韓国の名をもって、金日成と共産主義国家らを打ち倒すために命懸けで闘いましょう」(75年6月・ソウルでの演説)

z