昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「下品な害虫」「残ったのはカス」約半数の生徒が退学する准看護師学校 女性理事長のパワハラ音声

 埼玉県川口市の准看護師学校「大橋医療高等専修学校」で、理事長のパワハラが原因とみられる自主退学が相次いでいることが「週刊文春」の取材でわかった。生徒の約半数が退学しているという。

 問題が起こっているのは、学校法人愛輪学園が運営する「大橋医療高等専修学校」。2016年に設立され、医師や看護師の指示で診療補助を行う准看護師を養成する2年制の学校で、大橋ひとみ氏が理事長を務めている。

説教癖のある大橋氏(学校HPより)

「『生徒同士が助け合うアットホームな雰囲気』という説明会の言葉で、入学を決心しました」(現役生徒)

 だが説明会の言葉とは裏腹に、同校の卒業率は低い。例えば今年3月卒業の5期生は31人が入学し、卒業したのは15人と約半数だ。日本医師会の調査によると、准看護師学校の卒業率は約75%。半数というのは異常な数字である。また現在も通っている6期生は37人が入学し、2年生に上がったのは19人だけである。一体なぜなのか。

「原因は大橋先生のパワハラです」

 こう語るのは別の生徒だ。同校は大橋氏も授業を持つが、まともに授業をしないことが頻繁にあるという。

大橋医療高等専修学校の入るビル

「説教が長い。例えば授業中に指され、少し答えに窮すると、『何で分からないの』と説教が始まる。時には90分×2コマ分、説教で終わることもあるし、『カス』『アホ』『認知症』などの暴言を吐くこともある」(同前)

 昼休みも説教を続け、慌てて副校長が「昼食を食べさせて!」と、飛び込んできたこともあるという。また、日直が学級日誌を書かなければならないが、

「ほぼ説教だけで授業が終わった日も、ちゃんと授業が行われたと書くよう、大橋先生から指示される。実際はやっていない授業内容を記載したり、今後の目標を何となく書くしかないのです」(同前)

授業をしたかのように書かされた学級日誌

 大橋氏に耐えかねた生徒たちは、授業の音声を録音。今回、小誌は約30時間分の音声の提供を受けたが、実際、大橋氏の暴言は凄まじいものだった(音声は電子版で公開)。

z